治療・予防

中高年女性に多い尿漏れ=骨盤底筋訓練で改善効果

 中高年女性に起こりやすい尿失禁は生活の質を低下させる症状にもかかわらず、「年だから仕方ない」と諦めている人も少なくない。その原因や治療について、順天堂大学医学部付属順天堂医院(東京都文京区)泌尿器科女性泌尿器外来の高澤直子医師に聞いた。

 ◇出産、肥満がリスクに

 中高年以降になると尿漏れしやすくなるのは、尿道を支える構造が加齢で弱くなることが原因の一つ。男性に比べて尿道が短いことも女性に失禁が多い原因だ。「尿失禁にも幾つかのタイプがありますが、中高年以降の女性に特に多いのは突然の尿意で我慢できずに漏れる切迫性尿失禁、せきやくしゃみなどで腹圧がかかったときに漏れる腹圧性尿失禁です」と高澤医師は説明する。その両方の症状が見られる混合型尿失禁の人も多い。

 「骨盤底筋へのダメージが加わる出産経験者、肥満、慢性的な便秘やせきなど、日常的にかかる腹圧もリスクとなります」

  • 1
  • 2

新着ピックアップ