インタビュー

肥満症、笠間和典医師に聞く(下)=減量外科手術、糖尿病にも期待

 肥満症の治療法として注目される減量外科手術は少しずつ広まっている。糖尿病への効果も期待されるが、「四谷メディカルキューブ」の笠間和典医師は、特に若い患者に推奨したいと話している。

 ◇保険適用で増加

 ―画期的な治療法ですね。日本でも行われているのでしょうか。
 笠間 日本は、欧米に比べて手術を必要とするほどの高度肥満の人が少なかったため、長い間、減量目的での手術があまり行われてませんでした。外科医の多くがすぐには命に関わらない肥満治療に対して、リスクの高い外科手術を行うことに抵抗を感じていたようです。2014年にBMI35以上の患者さんに対して、胃を小さく切除する「スリーブ状胃切除術」が保険適用となってからニーズが高まり、日本でも手掛ける医療機関が増えています。現在、国内では25施設で行われています。多くの施設では年間10~20症例程度と手術件数が少ないのが現状ですが、今後、医師の教育・研修体制が整えば、徐々に広がっていくと思います。

新着ピックアップ