企業・団体(PR)

アートプロジェクト 「PERSPECTIVES (パースペクティブズ)」
~免疫介在性炎症性疾患の患者さんを対象~ 「疾患と生きる。私の新たな可能性」。患者さんの視点で、自由に表現を。

 アッヴィ合同会社(本社:東京都港区、社長:ジェームス・フェリシアーノ、以下、アッヴィ)は、免疫介在性炎症性疾患の患者さんを対象とした「アッヴィ アートプロジェクト『PERSPECTIVES』」への作品募集を2022年6月1日より開始しました。応募締切は同年12月16日(消印有効)となっています。

 「PERSPECTIVES(パースペクティブズ)」は、免疫介在性炎症性疾患の患者さんが、疾患と向き合いながらもご自身のPERSPECTIVES(視点、考え方、物の捉え方という意味)を通じて心とカラダ、症状の改善などから見いだした日々の喜び、希望や目標などの疾患体験を表現していただくアートプロジェクトです。患者さんの創作活動から生まれた作品を通して、より多くの方に疾患について知っていただくきっかけを作り、患者さんへの理解につなげることを目的として実施するものです。

 本アートプロジェクトでは、募集テーマである「疾患と生きる。私の新たな可能性」に基づき、患者さんの視点で、自由な表現で創られた作品と、その作品の説明やエピソードも併せて募集します。応募いただく作品は、絵画、彫刻、立体造形、陶芸、写真、書道、手芸などジャンルを問いません。
審査は、美術家による一次審査後に、医師をはじめ関連患者団体の代表者にも参加いただき二次審査を実施します。作品とともにその作品の説明やエピソードも併せて審査を行い、受賞作品を選出します。

 本プロジェクトは、世界で200人を超えるアーティストが自己免疫疾患をアーティストの視点から作品として表現するプロジェクトとして2013年に開催されました。その後、日本独自の企画として、患者さんご自身に作品を作成していただくプロジェクトとして、2015年に再スタートし、今回で4回目の開催となります。第3回までに、3歳から90歳までの幅広い年代にわたる患者さんから、延べ345作品の応募をいただきました。

 アッヴィは、免疫介在性炎症性疾患の患者さんが、ご自身の視点でどのように疾患と向き合い生きるかを捉え、アートを通じて表現、共有することが、疾患に対する社会の理解を深めることにつながると考えます。本プロジェクトを通じて、ひとりでも多くの方が患者さんの思いを理解し、支援することができるよう、今後も継続的なサポートを提供してまいります。

 ■免疫介在性炎症性疾患について

 免疫応答の調整不全により組織に炎症を生じる疾患の総称です。進行性かつ身体機能に負担・制限がかかる疾患が含まれ、心身に大きな影響を及ぼすこともあると考えられています。具体的な疾患として、関節リウマチ、尋常性乾癬、クローン病、潰瘍性大腸炎、アトピー性皮膚炎、シェーグレン症候群、全身性エリテマトーデスなどが含まれます。

 なお、アッヴィ アートプロジェクト「PERSPECTIVES」の詳細および応募用紙については、アッヴィ合同会社のホームページでもご覧いただけます。https://www.abbvie.co.jp/pickup/artproject.html

 アッヴィについて

 アッヴィのミッションは現在の深刻な健康課題を解決する革新的な医薬品の創製と提供、そして未来に向けて医療上の困難な課題に挑むことです。患者さん一人ひとりの人生を豊かなものにするため次の主要領域に取り組んでいます。免疫疾患、がん、神経疾患、アイケア、ウイルス、ウイメンズヘルス、消化器疾患、さらにアラガンエステティクスポートフォリオの製品・サービスです。アッヴィの詳細については、www.abbvie.com をご覧ください。Twitterアカウント@abbvie、Facebook、Instagram、YouTubeやLinkedInでも情報を公開しています。

 日本においては、1,400 人を超える社員が、医療用医薬品の開発、輸入、製造販売に従事しています。自己免疫疾患、肝疾患、神経疾患、がんの各領域を中心に、患者さんの人生を豊かにしたいと願い、日々の業務に取り組んでいます。詳しくは、www.abbvie.co.jp をご覧ください。

 ◇一般の方からの問い合わせ先

 アッヴィ アートプロジェクト「PERSPECTIVES (パースペクティブズ)」事務局 
 (共和ピー・アール株式会社)
 TEL:080-7197-1705 受付時間:10:00~18:00 土日祝休
 mail : artproject@kyowa-pr.co.jp


企業・団体(PR)