ヘルスコミュニケーションDr.純子のメディカルサロン

喫煙とがん 大塚俊昭准教授

用語解説

利益相反(Conflict Of Interest:COI)

 商取引などでよく使われる言葉ですが、医学や研究の場では、利益相反に関して細かい取り決めがあります。

 近年、産学協同の研究や調査が頻繁に行われるようになり、企業からの資金援助や技術的支援で臨床研究が進むケースが増えました。しかし実際には、資金提供者の利益または研究者個人の利益と、研究の公正さ保つ責任とが相反する状態になることがあります。

 このため、ヒトを対象とした臨床研究・調査をする場合、研究者は自分の家族を含めて、その研究・調査について利害関係が想定される企業との関係や、その企業からの資金援助の有無などを記載した計画書を研究機関に提出します。これを「利益相反(COI)の開示」と言います。

 計画書は、研究機関の倫理委員会で審査され、許可が得られれば研究がスタートします。学会発表や論文投稿にもCOIの開示が必要です。

 私的な利益のために、研究方法やデータの解析、結果の解釈をゆがめるようなことがあってはなりません。そうした事態を防ぐと同時に、万一疑義があればただちに検証できるように、医学の世界ではCOIの開示が義務付けられているのです。

【医学博士 海原純子】

Dr.純子のメディカルサロン ヘルスコミュニケーション