足の悩み、一挙解決

第12回 子どもの足トラブル、大人が気を付けて
~自分で痛みを訴えることはまれです~ 足のクリニック表参道院長 桑原靖

 学校のマラソン大会。いつになってもゴールしないわが子に、いらいらした経験はありませんか。先頭に何周も後れを取って、「サボっているんじゃないの」と、突っ込みを入れたくなるような走り方をする子がいます。

 でも、ちょっと待って。その子の足の裏を観察してみてください。土踏まずのアーチがつぶれた扁平(へんぺい)足ではありませんか。


 ◇小学校低学年まで、ほぼ扁平足

 子どもの足が扁平足かどうかチェックするには、まず子どもを真っすぐに立たせます。視線は落とさず、前を向くようにさせ、このとき足は肩幅くらいで左右並行に立ち、重心がその間にくるようにしっかりと体重を乗せてもらいます。

 土踏まずの部分に人差し指と中指の2本を第1関節まで入れて、土踏まずが持ち上がっているかを確認します。持ち上がっている場合は問題なし。小学校高学年になっても持ち上がっていない場合は、扁平足の可能性ありです。

 歩き始めたばかりの子どもは、みんな扁平足です。小学校に入っても、低学年であれば、ほぼみんな扁平足です。運動したり、走ったり、足をたくさん使うことで、小学校高学年くらいまでに足底のアーチが形成されていきます。

 足の形は両親の混合ではなく、どちらかの親、もしくは近親者の誰かをそのまま引き継ぐ傾向にあるため、両親のどちらかが扁平足の場合、子どもも同じような足である可能性が高いと言えます。

 遺伝的要素がないのに、高学年になっても扁平足が続く場合は、運動不足で足を使っていないか、不適切な靴を履いていた影響などが考えられます。


 ◇扁平足のデメリットとは

 人間の足は、衝撃を吸収するために、わざと不安定な構造で、たわむようにできています。アーチが全くない重度の扁平足の場合、足が内側にねじれた状態で歩くため、体のバランスが崩れ、足の筋肉や骨に大きな負担がかかってきてしまいます。

 さらに、土踏まずがたわんで衝撃を吸収することができず、効率よく蹴り返して歩くことができないため、同じ距離でも大量のエネルギーを消費して歩いたり、走ったりしているのです。

 だから、人よりも疲れやすい。もう十分に頑張っているのに、サボっているように見られてしまうのは、とても気の毒だと思います。

 扁平足は単なる形の特徴だけにとどまらず、歩く、走るなど、あらゆる動作に支障を来すものなのです。


  • 1
  • 2

足の悩み、一挙解決

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会