一流の流儀 「追い込みの女王」AYA クロスフィットトレーナー

(第1回)シックスパックは誰にもある!
結果出せるかは自分次第

 くっきりと体の線が出るフィットパンツとブラトップで登場したAYAさん。六つに割れた美しい腹筋(シックスパック)が見えるいでたちに、反射的に「すみませんが、ちょっと触らせてもらってもよいですか」と聞くと、「あ、もちろん」とあっさりOKが出た。引き締まった腹筋の上に手を当てさせてもらいながら、「今、おなかをへこませるように力入れていないですよね?」と愚問を投げてみる。「いいえ」。「そうですよね」。皮膚の下にマシュマロみたいに柔らかい筋肉が感じられる。「力を入れるとどうなるのですか?」と話し終わる前に、フッと吐いた息の音と同時に「マシュマロ」が鋼のごとく硬くなった。
 「ボックス」と呼ばれるクロスフィット専用ジムでトレーニング中の女性を見ても、AYAさんほど腹筋が割れた人はいない。体自体がそもそも他の人と違っているのだろうか。
 答えは「ノー」。
 「彼女たちがあれだけ運動しているのに筋肉が見えないとしたら、多分食事が悪いのでしょう。シックスパックは皆持っているの。脂肪の下に筋肉があります。それが隠れているだけ。だから、脂肪が取れれば筋肉は出てきます。正しい食事スタイルを守っていれば、絶対にシックスパックになるはず」と断言した。
 「私もそうだったから分かります。もし『なりたい』と言っているのに思った通りにならないのは、そこまでやろうとしていないだけ。クロスフィットは確かにハードなトレーニングですから、気持ちが先に負けているのではないですか」。

  • 1
  • 2

一流の流儀 「「追い込みの女王」AYA クロスフィットトレーナー」コラム一覧

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会