女性アスリート健康支援委員会 五輪と女性スポーツの歩みを見つめて

「名花」生んだ64年東京は遠く
スポーツ医40年、アスリートの変容と共に

 1964年の東京五輪から半世紀余り。出場した日本選手団の選手たちについては生涯にわたり、4年に1回、健康や体力を追跡調査する研究が続く。女性アスリート健康支援委員会の川原貴会長は、途中から研究班に加わり、班長を務めたが、96年の調査では、女性特有の健康問題についてもアンケートで聞いた。

 

 インタビューに応える女性アスリート健康支援委員会の川原貴会長
 「回答があった選手たちは、現役時代の無月経や月経異常の割合は一般の人と変わりませんでした。妊娠・出産にも差がなく、お産はむしろ軽いという安産の傾向がありました」。川原氏はこう明かす。

 東京五輪当時、女子選手の競技・種目はまだ限られていた。日本選手団355人のうち、女子選手は61人。出場したのは、陸上競技、競泳、飛び込み、体操、バレーボール、フェンシング、カヌー、馬術だった。オリンピックのハイライトの一つであるマラソンも無論、まだ男子だけの種目だった。

  ◇健康追跡、結果は「一般人と差なし」

 金メダルを取り、「東洋の魔女」として伝説となったバレーボールのように、厳しい練習を女子選手に課す指導者はいた。「だが、当時の選手は成熟した女性が多かったので、一時的に無月経があったとしても、10代の選手が無月経になるのとは違って、大きな問題にはなりませんでした」と川原氏は話す。

 東京五輪の女子体操でゆかの演技をするベラ・チャスラフスカ選手(東京体育館)  
 発育期の10代のうちに無月経が続くと、骨の形成に不可欠なエストロゲンという女性ホルモンが不足し、骨密度が高くならない。疲労骨折を起こしやすくなり、将来の不妊につながる恐れもある。だが、そうした健康問題は当時、まだ顕在化していなかった。

 東京五輪で人々の記憶に残る競技の一つが女子体操だ。「団体銅メダルを取ったメンバーの池田敬子さんや小野清子さんはママさん選手で、出産後、子育てしながら練習して大会に臨みました。個人総合で金メダルに輝いたチェコスロバキア(当時)のベラ・チャスラフスカさんも、ふくよかで女性らしい体形をしていましたね」

 チャスラフスカは当時22歳。優美な演技で「東京五輪の名花」とうたわれた。

  • 1
  • 2

女性アスリート健康支援委員会 「五輪と女性スポーツの歩みを見つめて」連載一覧