鮫島浩 医師 (さめしまひろし)

宮崎大学医学部附属病院

宮崎県宮崎市清武町木原5200

  • 産科婦人科 総合周産期母子医療センター
  • 主任教授 科長 センター長

産婦人科 小児科 産科

専門

産婦人科学、周産期医学、胎児生理学、胎児・新生児医学

鮫島浩

鮫島浩医師は、宮崎県の周産期医療を全国トップレベルに引き上げた功労者のひとり。県全域を網羅した周産期医療ネットワークを構築し、県全域をフィールドにした周産期臨床研究を国際的に発信し続ける。同時に、若手研究者の国際的な頭脳循環にも取り組む。研究は「胎児心拍数モニタリング」「糖尿病が母体と児に及ぼす影響」「分娩中の胎児血圧測定に関する新たな方法の開発」など。地域医療を重んじ、日常の臨床で研鑽を積みつつ、診療及び研究面でも世界で通用する若手産婦人科医の育成を目指す。

医師プロフィール

1981年 鹿児島大学医学部 卒業
1983年 米国ロマリンダ大学留学
1986年 鹿児島市立病院
1995年 宮崎大学医学部講師
2011年 宮崎大学医学部生殖発達医学講座産科婦人科学分野教授
2017年10月 同 産婦人科主任教授
(更新日:2018年2月20日)