豊島勝昭 医師 (とよしまかつあき)

神奈川県立病院機構 神奈川県立こども医療センター

神奈川県横浜市南区六ツ川2-138-4

  • 新生児科
  • 部長(周産期センター長)

産婦人科 産科 小児科

専門

新生児医療

豊島勝昭

24時間365日体制の新生児集中治療室(NICU)で22年間、スタッフとともに、妊娠・出産時のトラブルや早産により緊急医療を必要する新生児の診療に取り組む。神奈川県職員提案事業制度を活用し、新生児医療の人財育成を目的とした研修システムを創設し、後進の指導に当たる。診療ガイドライン作成、厚労省発案の「周産期医療の質向上プロジェクト」などで全国のNICUの施設間差異を減らし、診療成績を向上を目指す取り組みや巨人・村田修一コーチとNICUサポートプロジェクト発足し、NICUの社会支援活動などを精力的に行う。2015,2017年に周産期医療を題材としたTBS系連続ドラマ「コウノドリ」の医療監修を担当した。

医師プロフィール

1994年 新潟大学医学部 卒業
1994年 神奈川県立こども医療センター小児科にて臨床研修
1996年 神奈川県立こども医療センター新生児科にて臨床研修
1998年 東京女子医科大学附属日本心臓血圧研究所循環器小児科にて臨床研修と基礎研究
2000年 神奈川県立こども医療センター新生児科
2004年 神奈川県立こども医療センター新生児科医長

2002年 日本未熟児新生児学会賞
2005年 日本小児循環器学会YIA賞
2006年 アジアPediatric Reseach学会YIA賞(新生児学部門)
2007年 アジアPediatric Reseach学会YIA賞(小児循環器学部門)
2008年 神奈川県職員提案事業制度に応募して政策として採択[安心して妊娠・出産のできる神奈川県をめざして~新生児医療の崩壊の阻止をめざした短期有給研修医制度の創設~]
2009年 日本未熟児新生児学会の<根拠と総意に基づく未熟児動脈管開存症の診療ガイドライン(JPrePガイドライン)>作成責任者
2011年 厚生労働省指定研究「周産期医療の質と安全の向上のための研究」分担研究者
2013年:厚生労働省研究<小児呼吸器形成異常・低形成疾患研究班>の分担研究者
2015年:A-Med研究「低出生体重児の発症機序及び長期予後の解明に関する研究」の分担研究者
2015年:文部科学省研究<早産児における左房容積および動脈管開存症評価(PLASE study)研究>の主任研究者
(更新日:2019年10月17日)