馬場啓至 医師 (ばばひろし)

医療法人祥仁会 西諫早病院

長崎県諫早市貝津町3015

  • てんかん外来

脳神経外科 外科

専門

てんかんの外科治療

馬場啓至

てんかんの患者は全国で100万人程度と推定されている。このうち投薬にて発作が抑制されるのは50%程度であり、残りの方は投薬を行っても発作が持続すると考えられている。この中には脳外科治療により発作が消失あるいは軽減できる方が多く含まれている。しかし、てんかんに対して外科治療が可能であるということはあまり知られていない。馬場啓至医師はてんかんの外科治療・手術を行える数少ない医師であり、特に小児の手術例を多く経験しており、馬場医師による治療を求めて全国から患者が来院する。
2015年4月に西諫早病院 外科・てんかんセンターにて、てんかん外来を開設、豊富な実績を持つてんかん専門医として日々診療を行っている。

医師プロフィール

1975年 長崎大学卒業、国立大村病院を経て
1983年4月 バンクーバー コロンビア大学へ留学
その後、国立病院機構長崎医療センター 脳神経外科部長
2004年 国立病院機構長崎医療センター定年退職
2015年4月 医療法人祥仁会 西諫早病院 外科・てんかんセンターてんかん外来担当、島本脳神経外科医院 顧問
(更新日:2017年11月8日)

「てんかん」を専門とする医師