木下真幸子 医師 (きのしたまさこ)

国立病院機構 宇多野病院

京都府京都市右京区鳴滝音戸山町8

  • 脳神経内科(発作科)
  • 医長

脳神経内科 神経内科 内科

専門

てんかん学、神経内科学、臨床神経生理学

木下真幸子

木下真幸子医師がてんかんの治療に深く関わるきっかけとなったのは、発作がありながらも自分のできることをやろうと一生懸命努力する患者の姿を見て、少しでもサポートしたいと思ったからだという。以後、十数年にわたり、てんかんや脳波分野の研究を重ね、てんかん治療に貢献してきた。てんかんの患者は、家族とともに受診することが多いが、木下医師の温かな雰囲気によって、緊張することなく細やかに症状を話すことも多いという。
「てんかんを診断する上で最も重要なのは、発作症状を適切に把握することです」(木下医師)
患者は発作症状を疾患だと思っていないことも多いため、訴えを丁寧に聞くことに加え、関連する項目を能動的に確認することが必要になるという。現在では年間に600人以上の患者が診察に訪れる。木下医師は、限られた時間の中でどれだけコミュニケーションを深めることができるのかを工夫し、的確な診断をくだしている。同時に、将来的な見通しを正しく伝え、納得のいく治療方法を選択するという診療を行っている。また、講演等も精力的に行い、てんかんのさらなる周知を目指したいという。「一人ひとりの患者さんの生き方と、きちんと向き合っていきたいと思います」(木下医師)

医師プロフィール

1996年3月 京都大学医学部 卒業
2005年3月 京都大学大学院医学研究科博士課程卒業
2005年4月 京都大学大学院医学研究科臨床神経学(神経内科)医員
2007年4月 独立行政法人国立病院機構宇多野病院神経内科(発作科)医師
2011年4月 国立病院機構 宇多野病院 神経内科(発作科)医長
2018年4月 奈良県立医科大学 脳神経内科 臨床教授(兼任)
(更新日:2019年6月18日)

「てんかん」を専門とする医師