木下真幸子 医師 (きのしたまさこ)

国立病院機構 宇多野病院

京都府京都市右京区鳴滝音戸山町8

  • 神経内科(発作科)
  • 医長

内科 神経内科

専門

てんかん学、神経内科学、臨床神経生理学

木下真幸子

木下真幸子医師がてんかんの治療に深く関わるきっかけとなったのは、発作がありながらも自分のできることをやろうと一生懸命努力する患者の姿を見て、少しでもサポートしたいと思ったからだという。以後、十数年にわたり、てんかんや脳波分野の研究を重ね、てんかん治療に貢献してきた。てんかんの患者は、家族とともに受診することが多いが、木下医師の温かな雰囲気によって、緊張することなく細やかに症状を話すことも多いという。
「てんかんを診断する上で最も重要なのは、発作症状を適切に把握することです」(木下医師)
患者は発作症状を疾患だと思っていないことも多いため、訴えを丁寧に聞くことに加え、関連する項目を能動的に確認することが必要になるという。現在では年間に600人以上の患者が診察に訪れる。木下医師は、限られた時間の中でどれだけコミュニケーションを深めることができるのかを工夫し、的確な診断をくだしている。同時に、将来的な見通しを正しく伝え、納得のいく治療方法を選択するという診療を行っている。また、講演等も精力的に行い、てんかんのさらなる周知を目指したいという。「一人ひとりの患者さんの生き方と、きちんと向き合っていきたいと思います」(木下医師)

診療内容

てんかん発作が長時間続いたり、何度も繰り返すと、次第に発作がおさまりにくくなってしまう。発作が強い場合には命の危険にさらされ、発作で意識がなくなると転倒・転落などの事故を引き起こす。このようなことから、てんかんにおいては、発作を起こさないように予防することが大切だといえる。特に高齢者のてんかんでは、基礎疾患の検索も重要である。
治療は薬物療法が中心。副作用で日常生活に支障が出る場合は、服薬時刻や投薬内容の調節を行っている。さらに日常生活上の注意(十分な睡眠やストレスをためない等)の説明も行い、病院と家庭の双方が協力しながらてんかん発作とうまく付き合うための相談も行っている。同センターでは、てんかん発作およびその周辺症状に関する総合的な診断と治療を行う。外来では、詳しい検査(脳波・MRIなどの画像診断・薬物血中濃度測定など)を行い、その結果によって最も良い治療方法を選択。場合によっては長時間ビデオ脳波モニターを中心とする検査入院や、薬物調整目的の入院も行い、作業療法・心理療法も併用している。部分てんかんのうち、薬物治療を十分行っても発作が治まらないケースについては、手術を考える場合があるが、どのくらい改善するか・後遺症が出うるかには、焦点(脳のどこから発作活動が始まっているか)の場所が大きく関係する。また手術をしても、薬と付き合わなくてはならないケースは多い。
「患者さんがより安定した社会生活を送れるように、最善の方策を考えた治療を提供しています」(木下医師)

医師プロフィール

1996年3月 京都大学医学部 卒業
2005年3月 京都大学大学院医学研究科博士課程卒業
2005年4月 京都大学大学院医学研究科臨床神経学(神経内科)医員
2007年4月 独立行政法人国立病院機構宇多野病院神経内科(発作科)医師
2011年4月 現職

「てんかん」を専門とする医師