吉永治美 医師 (よしながはるみ)

国立病院機構 南岡山医療センター

岡山県都窪郡早島町早島4066

  • 重症心身障害者センター
  • 副院長
  • センター長 小児診療部長

神経内科 小児科 内科

専門

小児てんかん、重症心身障害、脳波分析

吉永治美

これまでに第1回国際脳電磁図トポグラフィー学会会長賞(1990)、新見賞・てんかん研究賞(1997)、山内逸朗記念賞(2007)などを受賞。論文発表や研究、数々の学会で委員として学会運営に携わるほか、18th.International Society for Brain Electromagnetic Topographyをはじめ各学会で優秀論文選考委員として論文の採点を行ってきた。また、岡山大学大学院発達神経病態学講座では准教授として教鞭をとり、てんかんに関するカンファレンスなども多く開催。高い専門性と広い知見を備えた後進の育成にあたった。

吉永治美医師は、2017年より南岡山医療センターの副院長として転院。新しい病院でも引き続きてんかんを含む小児神経疾患を担当。「病院は倉敷と岡山の境にあり、四国と、中国地方の岡山以西(広島福山など)からの高速道路の分岐点に当たる早島インターから降りてすぐなので、車で来られる方には便利かもしれません。より多くのてんかん患者さんのお役に立てればと思います」(吉永治美医師)。

医師プロフィール

1979年3月 岡山大学医学部医学科 卒業
1979年4月 国立岡山病院小児医療センター研修医
1985年3月 岡山大学大学院医学部研究科博士課程内科系脳代謝医学専攻修了
1985年4月 岡山大学医学部附属病院医員(小児神経科)
1992年10月 ブリテッシュコロンビア小児病院(カナダ)に短期留学
1993年8月 岡山大学医学部附属病院助手(小児神経科)
1995年5月 岡山大学医学部附属病院講師(小児神経科)
2004年4月 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科准教授
2017年 国立病院機構 南岡山医療センター 特命副院長
国立病院機構 南岡山医療センター 副院長
(更新日:2018年6月28日)

「てんかん」を専門とする医師