山本貴道 医師 (やまもとたかみち)

総合病院 聖隷浜松病院

静岡県浜松市中区住吉2-12-12

  • 副院長

外科 脳神経外科 神経内科

専門

てんかん外科・小児脳神経外科

山本貴道

山本貴道医師は、てんかん学(特にてんかん外科)を、米国のニューヨーク大学てんかんセンターにて学んだ。同大学は著名な医師達が集まっており、東海岸では有数のてんかんセンターである。外科症例も年間200~300件と大変多く、南米をはじめ国外からも多くの患者が治療を求めて訪れている。そこで行われていたシステムを聖隷浜松病院に持ち込み、国内の総合病院では先駆けててんかんセンターを設立した。当センターは全国てんかんセンター運営会議のメンバーである。

診療内容

【包括的てんかん診療】当院では2008年4月にてんかんセンターを開設した。今まで小児科・神経内科・脳神経外科・精神科など複数の科で別々に行なっていたてんかん診療を集約化し、医師間の情報交換を迅速に行なうことが可能となった。外来には二つの診察室があり、一方では小児神経科の医師が診察して、もし外科治療が必要だと判断した場合は、隣の診察室のてんかん外科医に相談し、遅滞無い対応がなされる。センターでは「小児から成人・高齢者まで」、「画像診断から入院での長時間脳波モニタリング検査まで」、「抗てんかん薬による薬物治療から難治例に対する外科治療まで」、広範囲にわたるてんかん診療をカバーしている。

【外科治療】2種類以上の複数の抗てんかん薬を服用しても発作が止められない、抗てんかん薬に対する薬疹等のアレルギー反応やその他の強い副作用で服用できない場合、外科治療を考慮している。てんかんの外科治療とは場合によっては、頭蓋内に直接センサーとなる碁盤の目のようなグリッド電極を留置し発作の発生源を正確に判断し、特定した部位を切除する。切除できない場合は、遮断して発作の拡がりを抑える手法もある。また発作で転倒するため頻回に外傷を負ってしまう危険な場合は、脳梁離断術を選択することもある。これらは毎週水曜日に定期的に開催される「てんかんセンター症例検討会」で、スタッフ全員で討議され、方針が決定される。症例検討会には関連各科医師・看護師・脳波専門技師・言語聴覚士・作業療法士・理学療法士・放射線部技師、更には院外の医師も参加している。

【迷走神経刺激療法】焦点切除術等の外科治療も困難である場合は、植込み型の迷走神経刺激療法を行っている。VNS (vagus nerve stimulation) と呼ばれ、2010年以後本邦でも普及して来ている。心臓のペースメーカーに似ており、刺激を送るジェネレーターは左前胸部に植込むが、刺激する部位は左頸部の迷走神経である。そこから信号が脳幹・視床を経て脳全体に送られ、発作の頻度や強さが緩和される。「現在までに当院では150症例以上の植込み術が行われており、国内でもこの分野をリードしています。今までの経験では、全体の50%の患者さんで治療開始前に比較して50%以上の発作が減少しています」(山本医師)

医師プロフィール

1986年3月 浜松医科大学医学部医学科 卒業
1986年6月 同大学 脳神経外科研修医
1987~1998年 関連教育病院勤務(聖隷三方原病院・東京厚生年金病院・聖隷沼津病院他)
1998年4月 浜松医科大学 脳神経外科医員
1998年6月 ニューヨーク州立大学シラキュース校 脳神経外科
2001年1月 ニューヨーク大学医療センター 脳神経外科・てんかんセンター
2003年1月 ニューヨーク大学公共政策大学院 (医療政策・医療管理学修士課程)
2004年4月 聖隷浜松病院 脳神経外科・てんかん科主任医長
2008年4月 聖隷浜松病院 てんかんセンター長
2011年4月 聖隷浜松病院 院長補佐
2014年10月 聖隷浜松病院 副院長

「てんかん」を専門とする医師