岡崎仁昭 医師 (おかざきひとあき)

自治医科大学附属病院

栃木県下野市薬師寺3311-1

  • アレルギー科 リウマチ科 内科
  • 教授
  • 自治医科大学医学教育センターセンター長

アレルギー科 リウマチ科 内科

専門

アレルギー・リウマチ膠原病の診断・治療、総合内科

岡崎仁昭

岡崎仁昭医師は、アレルギー・リウマチ膠原病学を専門とし、なかでも膠原病の診断と治療、および医学教育に従事している。免疫に関する研究に携わり、1993年から1995年まで「T細胞の分化・増殖の研究」のためpost-doctoral fellowとして米国スタンフォード大学リウマチ免疫科へ留学。内科全般にも精通し、日本内科学会で評議員や資格認定試験委員会委員長を務める(2016年~)ほか、内科医のための著書多数。優れた臨床医・総合医の育成に力を入れ、医師国家試験合格率9年連続全国1位を達成している自治医科大学で、医学教育センター・センター長や医師国家試験対策関連の部会長などを務めている。

医師プロフィール

1984年3月 自治医科大学医学部卒業
国立仙台病院(現・独立行政法人国立病院機構仙台医療センター)で初期臨床研修後、宮城県立瀬峰病院内科、宮城県七ヶ宿町国民健康保険診療所に勤務
1988年4月 自治医科大学大学院医学研究科地域医療学系血液・免疫疾患学博士課程 入学
1992年3月 自治医科大学大学院医学研究科地域医療学系血液・免疫疾患学博士課程 修了
1999年4月 自治医科大学内科学講座アレルギー膠原病学部門准教授
2008年10月 自治医科大学医学部医学教育センター・センター長/教授、同内科学講座アレルギー膠原病学部門教授(兼務)

所属学会

日本内科学会認定総合内科専門医・指導医・評議員・資格認定試験委員会委員長
日本リウマチ学会認定リウマチ専門医・指導医・評議員
日本アレルギー学会認定アレルギー専門医・指導医、日本臨床免疫学会代議員、日本医学教育学会代議員、日本免疫学会会員、日本プライマリ・ケア連合学会会員、米国リウマチ学会会員、米国内科学会会員、医学博士

主な著書

『目でみるトレーニング』2008年,医学書院
『目でみるトレーニング 第2集』2013年,医学書院
『目でみるトレーニング 第3集』2016年,医学書院
『目でみるトレーニング 第4集』2019年,医学書院
『THE総合内科ドリル』2021年,医学書院
『自治医科大学内科研修トレーニング』2013年,メジカルビュー社
『疾病の成り立ちと回復の促進10疾病と治療7感染症/アレルギー・免疫/膠原病』2018年,メヂカルフレンド社
『地域医療学入門』2019年,診断と治療社
(更新日:2021年4月8日)