竹内勤 医師 (たけうちつとむ)

慶應義塾大学病院

東京都新宿区信濃町35

  • リウマチ内科
  • 病院長
  • 教授、診療科部長

リウマチ科 内科

専門

膠原病、リウマチ性疾患全般

竹内勤

関節リウマチの名医として広く知られ、NHK「きょうの健康」をはじめとする多数のテレビ番組でもおなじみ。厚生労働省難病研究班で研究代表者として活動し、これまで“絶望の病”といわれてきた自己免疫疾患「膠原病・リウマチ」のメカニズムの解明に尽力。画期的な新薬を導入することで寛解へと導くなど、治療の大変革を実現している。さらに、臨床免疫学、分子免疫学、分子生物学的手法に基づいて研究を展開。遺伝子検査による瞬時の治療薬判定法の確立などを目指している。

医師プロフィール

1980年9月 慶應義塾大学医学部 卒業
1984年6月 慶應義塾大学大学院医学研究科大学院修了
1985年10月 米ハーバード大学ダナ・ファーバー研究所留学
1998年7月 埼玉医科大学総合医療センター教授、
2004年8月 同大学副学長
2005年4月 埼玉医科大学総合医療センターリウマチ・膠原病内科教授(科名変更による)
2009年8月 慶應義塾大学医学部内科学教室リウマチ内科教授
2011年10月 慶應義塾大学医学部 医学部長補佐
2013年10月 慶應義塾大学病院 病院長
(更新日:2014年5月28日)