その他の縦隔腫瘍〔じゅうかくしゅよう〕

 縦隔腫瘍は縦隔にもともと存在する臓器から発生するわけなので、多種類の腫瘍がみられます。胸腺(きょうせん)原発だけでも、胸腺腫・奇形腫のほかに(悪性)胚細胞腫瘍・悪性リンパ腫・胸腺がん・胸腺嚢胞(のうほう)など、いろいろな腫瘍があります。
 また、気管・気管支、心膜や食道周囲には良性の嚢胞(ふくろ状の腫瘍で、内部に液体がたまったもの)が発生することがあり、それぞれ気管支嚢胞、心膜嚢胞、食道嚢胞といいます。
 いずれも最初は無症状であり、胸部X線写真で異常な陰影が出て気づかれることが多いです。多くの場合、治療が必要となるので、呼吸器外科の専門医に相談することをすすめます。
医師を探す