睡眠時無呼吸症候群(SAS)〔すいみんじむこきゅうしょうこうぐん(さす)〕

 睡眠中にたびたび息がとまる(無呼吸)、または息の流れが低下する(低呼吸)ことにより、十分な睡眠状態が得られないために昼間の異常な眠気や全身倦怠(けんたい)感、いびきなどが出現する睡眠時無呼吸症候群は、交通事故のもとになったり、心血管障害、糖尿病をひき起こしたりします。SAS(Sleep Apnea Syndrome)とも呼ばれています。

[診断]
 10秒以上続く無呼吸が7時間の睡眠中に30回以上、もしくは睡眠1時間に平均で5回以上みられる場合に睡眠時無呼吸症候群と診断します。

[原因]
 のどのところで空気の通り道がふさがって呼吸がとまるのを閉塞型睡眠時無呼吸症候群と呼び、肥満、アデノイド、狭いのど、下あごの発育が十分でない場合にみられます。
 いっぽう、呼吸中枢が十分に機能しないために呼吸筋の動きが停止することにより、息がとまるのを中枢型睡眠時無呼吸症候群と呼びます。脳の障害や呼吸筋の障害によって起こります。

[検査]
 予備的検査として、睡眠時の呼吸状態や動脈血酸素飽和度などを在宅で記録する簡易式睡眠検査(アプノモニター)がおこなわれます。精密検査として、さらに、脳波や眼電図からの睡眠段階の評価、息の出入り状態の記録、胸部や腹部などの呼吸筋の動き、動脈血酸素飽和度の測定、心電図など、すべてを記録する睡眠ポリソムノグラフィー(PSG)による検査が必要となります。PSGは入院して検査します。

[治療]
 無呼吸や低呼吸が1時間に20回以上みられる場合や、20回以下でも昼間の眠気、高血圧、糖尿病、狭心症心筋梗塞、脳血管障害などがみられる場合には治療が必要となります。経鼻マスクを使用した持続的陽圧呼吸装置(nasal CPAP)によって空気の通り道を確保する治療法が標準的です。

 また、マウスピースを用いる方法や、耳鼻科での口蓋咽頭(こうがいいんとう)形成術がおこなわれることもあります。あきらかな肥満がみられる場合には減量が不可欠です。

【参照】
 こころの病気:睡眠時無呼吸症候群
 歯と口とあごの病気:閉塞型睡眠時無呼吸症候群
医師を探す