関節リウマチによる変形〔かんせつりうまちによるへんけい〕

 リウマチの滑膜炎により手指関節の破壊が進行すると高率に変形が生じます。もっとも多くみられる変形は、手指の尺側(しゃくそく)偏位(MP関節から指が小指側へずれる)、スワンネック変形、ボタン穴変形です。

 変形の進行はリウマチに対する薬物療法のコントロール(量や薬剤の変更など)に依存しますが、生じた変形に対しては装具治療や理学療法、手術治療などを組み合わせて治療をおこなう必要があります。
医師を探す