伸筋腱脱臼〔しんきんけんだっきゅう〕

 手でこぶしをつくったときに、本来は関節の骨の真上に見える手の甲の腱が関節の小指側のほうにずれる状態をいいます。こぶしで物を殴ったあとなどに生じますが、日常生活のちょっとした手の動作で生じることもあり、いつはずれたかわからない場合もあります。指の屈伸で腱が戻ったりはずれたりします。腱を中央に固定している薄い膜状の組織が破れたことにより発生します。
 けがなどで急に発症したときには、テーピングや関節を伸ばして固定するなどの治療か、手術で腱がはずれないように修復します。

(執筆・監修:東京都立広尾病院 院長 田尻 康人)