足関節部の骨折〔そくかんせつぶのこっせつ〕

 足関節、特に内くるぶしと外くるぶしは骨折がよく起こる部位でもあります。足関節の骨折は転倒、スポーツ外傷、交通事故などで、捻挫とよく似た状況で起こります。
 足関節の骨折は、骨と骨が接して動く関節に起こる骨折であるため、骨折部をきちんともとどおりの状態に戻さないと、のちに関節の痛みや動きの制限といった障害が起こる可能性があります。このような状態にならないよう、足関節部の骨折については手術がおこなわれることが少なくありません。手術では、骨折部をずれがないよう、きちんと整復したうえで手術用のスクリュー(ねじ)などで固定します。
 骨折の初期治療は捻挫と同様です。痛みやはれが強く骨折の可能性がある場合は、早めに専門医の診察を受けるべきです。

(執筆・監修:東京大学大学院総合文化研究科 教授〔広域科学専攻生命環境科学系〕 福井 尚志)
医師を探す