変形性足関節症〔へんけいせいそくかんせつしょう〕

 変形性関節症は関節の軟骨がすり減って関節の痛みや動きの制限が生じる疾患です。高齢者に多く、膝関節に生じることが多い病気ですが、足関節の場合、この疾患が起こることはあまり多くはありません。しかし、以前に足関節部の骨折やくり返しの捻挫を経験している場合には、足関節にも変形性関節症が起こることがあります。
 治療は軽症であれば消炎鎮痛薬の入った湿布や軟膏(なんこう)、痛みどめののみ薬などが用いられ、また足底板(オーダーメイドの靴の中敷き)などの装具を試すこともあります。進行した症例で痛みが強く、日常生活に支障がある場合には手術をおこなうこともあります。
医師を探す