踵部滑液包炎〔しょうぶかつえきほうえん〕

 かかとの骨のうしろあるいはアキレス腱のうしろの部分に痛みが生じる疾患で、痛みは朝起床後に歩き始めたとき、あるいは長時間歩いたときなどにあらわれます。かたい靴や寝具などによるかかとの圧迫が原因のこともありますが、特別な原因がなくても生じることもあります。
 治療では患部に加わる圧迫や機械的刺激をできるだけ取り除くことが大事です。消炎鎮痛薬を含む湿布や軟膏(なんこう)も用いられますが、症状がなかなか取れない場合には足底板(オーダーメイドの靴の中敷き)の使用や副腎皮質ステロイド薬の注射などの治療がおこなわれます。
医師を探す