第五中足骨骨折〔だいごちゅうそくこつこっせつ〕

 足部を強く内側にひねった場合、外くるぶしの下、足部のいちばん外側にある第五中足骨と呼ばれる骨のうしろの部分が骨折を起こすことがあります。けがのしかたが足くびの捻挫と同じなので、足関節の捻挫とまちがえられることがありますが、押していちばん痛みのある部位(圧痛点)をていねいに探れば診断はそれほどむずかしくありません。
 骨折が疑われた場合にはX線検査をし、骨折の有無と骨折部のずれの程度を把握することが必要です。たいていの場合はギプスなどで固定すれば治りますが、骨折部が大きくずれている場合には手術をおこなうこともあります。
医師を探す