爪周囲炎と陥入爪〔そうしゅういえんとかんにゅうそう〕

 爪周囲炎(爪囲炎とも)は爪の周囲に細菌感染が起こったもの、陥入爪(かんにゅうそう)は巻爪とも呼ばれ、爪が横方向に彎曲し、爪の両側の縁(ふち)が指の組織にくい込んだ状態をいいます。両者は本来、別々の疾患ですが、いっしょに生じることも多いため、ここではまとめて述べます。
 爪周囲炎では爪の周囲にはれ、痛み、発赤(ほっせき)が生じ、指で押したり靴で圧迫されると強く痛みます。治療は患部の清潔保持と消毒、抗生物質の服用で、炎症を悪化させないことです。悪化すると感染が悪化して「ひょう疽〈そ〉」と呼ばれる状態になることもあります。
 陥入爪がある人ではくり返して爪周囲炎が起こることがあります。陥入爪は爪部に対する体重の負荷、靴による圧迫が原因で生じると考えられるので、爪周囲炎をくり返す場合はかかとが低く、なるべく先のゆったりした靴を選んで履くようにし、爪部の清潔保持につとめます。また、爪は短く切りすぎないようにします。このようにしても爪周囲炎をくり返す場合には、陥入爪を矯正する手術がおこなわれることがあります。陥入爪があっても爪周囲炎を伴わない場合には、特に治療の必要がありません。ただし、爪の周囲の清潔保持につとめ、また靴の選択に注意してなるべく変形が進まないようにします。
医師を探す