糖尿病性足部障害〔とうにょうびょうせいそくぶしょうがい〕

 糖尿病の患者では足部に潰瘍ができることがあります。これは、糖尿病によって足部の神経や血管がおかされるためです。もともと足部の血流が低下しているため潰瘍は一度できるときわめて治りにくく、範囲がひろがる傾向があり、またしばしば細菌感染を伴います。糖尿病による神経障害がある場合には痛みの感覚がにぶくなっているため、創部に知らないうちに体重をかけていることが多く、これも潰瘍が治りにくい原因の一つです。
 こういった特殊な問題があるので、糖尿病による足部潰瘍は専門の医師による治療が必要です。潰瘍は糖尿病の管理が不良の場合に生じることが多いので、糖尿病の適切な治療を含めた予防がたいへん重要です。
医師を探す