爪のみずむし(爪白癬)〔つめのみずむし(そうはくせん)〕

 白癬菌が爪に入って起こるもので、すべて、みずむしをもった人に起こります。足の爪も手の爪もおかされます。一つの爪だけのことも、また同時に多数の、時にはすべての爪がおかされることがあります。


[症状]
 爪が黄白色に濁って厚くなり、そのうえ、もろくなってくるので欠けてきます。そのため表面が粗くなって汚れがつき、汚くなってくることがあります。爪から白癬菌が証明されます。つまさきから根もとに向かって変化が進んでいくのが特徴です。

[治療]
 治療は、テルビナフェン・イトラコナゾールの長期間服用です。時に副作用がありますので、医師の指示のもとで服用します。比較的軽症の爪白癬には最近開発された塗り薬も効果的です。時間はかかりますが、医師の指示に従って丹念に外用してください。
医師を探す