なまず(癜風)〔なまず(でんぷう)〕

 なまずは夏に多く、おもに大人できるマラセチア感染症です。マラセチアは皮膚の常在菌(誰の皮膚にもいる菌)ですが、発汗などの多湿、高温の環境下にマラセチアがふえてできてきます。自覚症状がないので、かなりひろがってから気づくことが多いものです。おもにわきの下、胸、背の中央部、くび、内またなどの脂漏(しろう)部位です。薄茶色の、まるい発疹(ほっしん)で、おたがいに融合して、地図状の大きな面をつくっているところもあります。
 治ったあとには白い斑点(はんてん)が残ります。このため、しろなまずとまちがえられることもあります。

[治療]
 抗白癬薬の塗布をくり返すとよくなります。白斑は徐々に消えるのを待つほかありません。
医師を探す