家庭での応急処置について

 とにかく冷静に飲んだ本人をよく観察します。意識、呼吸、そして脈拍を確認し、次のような場合にはすぐ救急車を呼びます。

●救急車を呼ぶ目安
 ・意識がない
 ・けいれんを起こしている
 ・呼吸状態がおかしい
 ・脈が異常に速い、あるいはおそい
 ・脈が触れづらい


 呼吸をしていない、脈が触れない場合は心停止の可能性があり、救急医療機関の要請をハンズフリー・フォンでおこないながら、を始める必要があります。意識がしっかりして、生命徴候に問題がなければ下記の表のような応急処置を実施します。手当て
 いずれにせよ、原因物質がなにで、食べたのか、飲んだのか、あるいは吸入したのかを冷静になって観察し、ボトルや薬の包装が残っていれば医療機関に提出する準備をします。

●家庭での応急処置
中毒を起こす物質代表的な家庭用品 吐かせる水を飲ませる牛乳を飲ませる
ニコチンたばこ×××
石油製品灯油、除光液×××
殺虫剤・防虫剤樟脳、なめくじ駆除剤××
酸・アルカリ漂白剤、トイレ洗浄剤×
界面活性剤洗剤、シャンプー、せっけん×
乾燥剤・除湿剤石灰×


□食べる、または飲んだ場合
 口の中に残っていれば、取り除き、口をすすぐようにします。無理に吐かせる処置(催吐)は原則的におこないません。特に、石油製剤(ガソリン、石油、除光液など)や酸/アルカリ性剤(漂白剤やトイレ用洗剤)、防虫剤・なめくじ駆除剤などは、洗浄行為そのものが状態を悪化させるので絶対にしてはいけません。
 酸・アルカリ性剤を飲んでいる場合は、牛乳を100〜200mL程度飲ませると、粘膜への刺激性を中和する作用があります。血中アルコール濃度と臨床症状

□吸い込んだ場合
 窓を開ける、換気扇を回すなどの換気と、きれいな空気な場所への移動を実施します。

□目や皮膚・粘膜に付着した場合
 目に付いた場合は、こすらずに、すぐ水道水を流したまま、こすらないように目を10分以上洗浄します。眼鏡・コンタクトは原則はずしますが、特にコンタクトの除去がむずかしい場合は医療機関をすみやかに受診します。
 皮膚・粘膜への付着は、すぐに大量の流水で洗浄します。いずれにせよ、介助者が中毒物質に曝露されないように、原因物質のにおいをかいだり、直接触れたりすることがないように注意が必要です。