過敏反応

 人によっては、特定の薬に過敏で、ふつうの人にとっては少量と思われるものでも、ひどい副作用を起こすことがあります。多くは先天性の特異体質ですが、病気と考えられることもあります。これを“薬物過敏症”といいます。
 ペニシリンや麻酔薬の注射で起こるショックや、アスピリンなどの解熱薬や抗菌薬による薬疹(やくしん)がこれにあたります。極端に強い場合は生命にかかわります。過敏反応は厚生労働省が収集する医薬品の副作用報告のなかでも、もっとも多い副作用です。
 また、内服して太陽光に当たると皮疹(ひしん)が出たり、ほかの薬といっしょに使うと副作用が出て危険になることもあります。最近では抗がん薬の生命にかかわる副作用が問題になりました。
 一度このようなことになった場合は、必ず薬の名前を記録しておき、次に医師にかかるときに申し出ることが必要になります。また、以前になにも特別な反応が起こらなかったから、いつも大丈夫とはいえないので、薬を使ったときは、いつも過敏反応を起こす可能性があると考えていなければなりません。
 このような反応が、皮膚などにはっきり見える状態で起こるとよいのですが、肝臓の障害などを起こすと、なかなかわからない場合があります。薬を服用して、食欲の変化や疲れなど、すこしでも変わったことがあれば、すぐ医師に相談すべきです。