催奇形性

 もう一つ重大なことは、薬のなかには、妊娠のある時期に服用すると、奇形児を産むおそれのあるものがあることです。催眠薬サリドマイドがヨーロッパで発売されたのが1958年で、それ以来、四肢が異常に小さな“あざらし症”と呼ばれる奇形児が生まれ、年々増加の傾向を示し、国際的な重大問題となりましたが、1962年から発売が停止され、以後ほとんどみられなくなりました。
 これを契機として薬物による奇形の問題が重視されるようになり、現在では発売許可がずっと慎重になっています。しかし、現在市販されているある種のホルモン剤、抗がん薬、麻酔薬、抗ヒスタミン薬、経口糖尿病薬、キニーネ、ニコチン、アルコールなどでは奇形発生の可能性があげられ、薬をむやみに使う傾向に対し警告が発せられています。
 自分で薬を使うのは、その使いかたと、それが安全であることを確かめてからでなければなりません。
 むかしから家庭薬として使われている薬は、のみかたや量について誰でもよく知っているものが多く、危険性が少ないのですが、最近の新しい薬については、よく知らないままに使うことが少なくないので、特に注意が必要です。

関連ニュース