副腎皮質ステロイド薬の副作用

 副腎皮質ステロイドは、アレルギーや膠原(こうげん)病の治療には有用で、リウマチのほか気管支ぜんそく、ネフローゼ、エリテマトーデスなどの膠原病、湿疹などの皮膚病その他いろいろの病気に広く使われています。しかし、よく効く薬だけに、またいろいろの副作用があるので、けっして自分で勝手に使ってはなりません。
 副腎皮質ステロイド薬は元来、副腎皮質ホルモンの一部と同じです。この薬を長期に使っていると、副腎皮質自体を抑制する作用がからだのなかで起こり、副腎皮質は萎縮してしまいます。もしこんなとき急に薬をやめると、“急性副腎不全”といってひどいショック症状を起こし、死亡することがあります。
 この薬は元来、炎症を抑える薬ですが、同時に、細菌に対するからだの抵抗が抑えられて、わからないうちに重い感染症が進むことがあります。肺結核のおさまっていた状態から粟粒(ぞくりゅう)結核が出たり、肺や尿路に耐性の細菌がついたりします。このことは副腎皮質ステロイド薬の入った軟膏(なんこう)でも同じで、細菌の感染のある部分にこれをつけると、悪化することがあります。
 そのほか、重い副作用として精神症状を起こしたり、糖尿病を誘発したり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍をつくったりします。比較的軽い副作用としては、顔がお月様のようにまるくなり、赤いしわが出たりします。使いかたがむずかしい薬です。
 いずれにしても、薬、特に効果のいちじるしい薬を使う場合には、副作用の可能性を常に考え、すこしでも変化があれば医師の指示を受けることが必要で、早く気づいて中止すれば大事に至らないことが多いのです。
 急性のリウマチについては、最近よい薬もつくられているので専門医に相談してください(リウマチ)。