習慣性(依存性)

 薬のなかには習慣性のできるものがあります。連用しているうちに、だんだん量をふやさないと効かなくなり、ことに、長く使っていて依存性の生じている人が急にやめると、不眠症など精神症状が起こったり、頭痛や吐き気がして元気がなくなったりするため、やめようとしても、なかなかやめられないような種類のものです。
 コカイン、モルヒネなどがこのたぐいであって、これは特に麻薬として、その使いかたを心得て登録されている医師でなければ使えないように決められています。
 また、麻薬には属さなくても、習慣性の起こるものも同様な扱いを受けています。
 そのほか、催眠薬にもふつう習慣作用があります。エフェドリンからつくられる覚醒(かくせい)剤や、大麻(たいま)を常用する人がふえ、大きな社会問題となっています。薬物関連障害