薬の作用

 医療に用いられる薬は、人の病気を治すため、また予防して予後(病気の経過についての見通し)を改善するために使うものですが、目的を実現するためには、大きく分けて2つの種類があります。
 第1は、病気の原因に対してはたらくもので、病原菌に対するペニシリンやそのほかの抗菌薬、化学療法薬、寄生虫に対する駆虫(くちゅう)薬などがあります。鉄欠乏性貧血症に使われる鉄剤や、ビタミン欠乏症に対するビタミン薬、インスリン(ホルモン)が不足した糖尿病にインスリン分泌を刺激する薬の服用やインスリンの注射などで糖質の利用を正常化すことも、このなかに含めてもよいでしょう。また、抗コレステロール薬や血圧降下薬なども動脈硬化の進行を抑制し、虚血性心疾患や脳梗塞の発症を予防することになるので、このなかまといえるでしょう。
 第2のものは、痛みなどの症状を軽くしたり止めたり、対症的にはたらくもので、病気の原因そのものには効かなくても、症状をよくすることによって、病気の経過によい影響を与え、自然治癒を促進するものです。高熱に対する解熱薬、痛みに対する鎮痛薬などがあり、多くの薬はこちらに属します。
 しかし、ただ症状をよくするものだけではありません。インスリン不足またはインスリン抗体があったり、肥満などのためにインスリン効果が不足している人の糖尿病に対しては、不足したインスリンをいつも補う薬で治療がおこなわれます。このような薬は、病気を根本的によくすることはなくても、それを続けることによって糖尿病の合併症をほとんどなくすことができます。また最近では、覚醒(かくせい)を促すオレキシン受容体のはたらきを抑制する薬で睡眠を長く維持することができるようになり、夜中に何度も起きていた人の睡眠を改善することができます。このように薬の服用によって健康な生活を取り戻すことになります。
 一般に薬は、生体になんらかの作用を及ぼします。薬のはたらきには直接の作用や作用に対するからだの反応による効果、あるいは薬が体内で分解されその代謝物が有効な場合もあります。服用した人の反応として、アレルギー反応の発疹(ほっしん)などがあらわれることもあります。特に慢性の病気には継続して服用しなければならないことが多いのですが、肝臓や腎臓のはたらきがわるいと作用が強くあらわれたり、副作用がみられたり、中止したときに離脱反応といわれる症状が出ることもあります。また、向精神薬では依存症や、かえって病気を重くすることも問題になっています。薬の生体に及ぼす作用は、薬の量によっても違います。ある量ではほとんど影響がありませんが、それより多いある量では有効であり、さらに多い量では有害にはたらきます。特に作用の強い薬は、余計に使うと中毒して死ぬことさえあるのです。少ない量で効き、有害でない薬なら安全であり、ちょっと多く使うとすぐに中毒を起こすような薬は、危険な薬ということになります。
 中毒など不利なことを起こしやすい危険な薬は劇薬や毒薬といわれて、医師でないと使えないことになっています。ところが、ふつうに買える薬にも、相当の量をのんでも注射しても危険のないものから、量を誤ったり、特異体質などで使いかたを誤ると危険なものもあります。医師の処方で服用する場合にも、薬剤師の説明を聞くなど使用上の注意を理解して服用してください。
 薬剤はその作用によって分類されており、たとえば高血圧の治療薬を抗高血圧薬、がんの治療薬を抗がん薬、血小板のはたらきを抑制する薬剤を抗血小板薬、血管をひろげる薬を血管拡張薬、また薬の作用のしくみをあらわすカルシウム拮抗薬、プロトンポンプ阻害薬など、それぞれの作用に薬をつけてまとめて、「……薬」と称しています。以前は「……剤」と呼ばれていたこともあり、「下剤」「解熱剤」などと慣用されているものもありますが、錠剤、散剤などでなく、薬形を問わず一般的にその薬剤について説明する場合には、本書では「……薬」と書きました。
 また薬を1種類だけ使っているとなんの危険もないのに、別の薬といっしょに服用すると副作用が起こったり、効果がなくなったりすることがあります。逆に効果がいちじるしく高まることもあります(薬物相互作用)。服用のしかたや食事の内容で薬の効きかたが変化することも少なくありません。高齢者で何人もの専門医に診てもらっている人のなかには、薬の種類が多くなり、薬の副作用の予防薬なども含め10種類以上にもなっている人がいて、社会問題になっています。いつも相談しているかかりつけ医、主治医にまとめて診ていただいて必須の薬だけにしてもらいましょう。
 他方、「いわしの頭も信心から」というように、薬としては直接の薬効がはなはだ少ないか、またはほとんどなくても、効くと信ずることにより、精神的な影響から一見有効にみえる薬剤もあります。このような効果を“プラセボ(偽薬)効果”といいます。この場合、一時的には有益ともいえましょうが、長期にわたるときは無用な浪費となります。
 この種の薬も用いられていたので、批判の対象となっているものがあります。厚生労働省では、新しく開発された薬の検討はもとより、古くから売り出されている薬も含めて、いつも薬効の再評価をおこない発表し指示しています。