その他の障害

 各種の薬物による発疹(ほっしん)、腎臓に影響の強い薬を用いたための腎障害、神経毒による神経炎や聴力障害(ストレプトマイシンによる聴覚障害など)、視力障害などがあります。
 骨髄障害による無顆粒球血症や血小板減少症もいろいろな薬で起こります。また、精神病の薬で心臓のとまる発作が起こることもあります。妊娠中に母親が特別の薬をのんで、生まれてくる子どもに奇形が起こったり、がんが起こることもあります。
 脈の乱れを治す薬(抗不整脈薬)で、かえって脈が乱れることや心不全になることもあります。近年アメリカで、重症の不整脈の人たちに対する臨床試験で、2種類の抗不整脈薬を長期間用いた場合に、最初は有効と判断されたものの、まったく薬を使わなかった場合よりかえって死亡率が高かったという結果が発表されました。あらためて薬の効果の見直しが必要になっています。
 一般に作用の強い薬は医師の十分な指導を受けます。服用のしかたや量などをまちがえないようにし、しかも副作用がすこしでも出たら適切な処置を受けなければなりません。

■薬の併用(薬物相互作用と協働作用)
 いくつかの種類の薬を服用していると予測以上の効果があらわれたり、副作用が起こることがあります。
 血液の固まりかたを弱めて血栓を予防する抗凝固薬を用いているときは、必ず血液の固まりかたの程度を検査して、薬の量を決めてもらわなければなりませんが、納豆やレバーなど日常の食物やフェノバルビタールなどの薬物でその作用が弱まり、抗菌薬や鎮痛薬など多くの薬で作用が増強されることがよく知られています。
 いつも持病の薬を服用しているとき、別の薬を加えたり、いつも食べないものを食べると薬の効きかたが変わることもあります。たとえば、高血圧の薬であるカルシウム拮抗薬を服用している人がグレープフルーツを摂取すると効果が強くなることが知られています。
 漢方薬は副作用が少ないとされていますが、漢方薬にも血圧を高くしたりするものがあります。医師にかかるときは必ず服用している薬をすべて知らせてから、あらたな薬をもらうことが大切です。