家庭常備薬

■常備薬のそろえかた
 応急のために、家庭に常備薬を置くことは大切なことです。急場に備える薬ですから、どんな種類の薬を用意するかは、家族構成や持病のあるなしなどによって違いますので、それぞれ考えて必要なものをそろえることが大切です。
 病気でもけがでも、家庭で処置する場合はすべて応急に限りますので、常備薬は必要最小限でよいのですが、使用期間の過ぎたものは処分し、使い切ったものは補充をしておくことです。常備薬の一例を表に示しました。
 かぜをひいたときは保温と消化のよい栄養のある食事、葛根湯(かっこんとう)やくず湯、白湯でのうがいは有効です。胸やけには牛乳を一口飲むことでも効果があるでしょう。むかし使われた重曹はかえって胸やけをくり返すことが多いようです。

●家庭常備薬の例
種類薬品名摘要
解熱剤アスピリン(サリチル酸系)熱の高いときに応急的に使用
痛みどめアスピリン(サリチル酸系)頭痛、歯痛、生理痛など。頭痛のときは熱をはかること。腹痛は手術を必要とする病気もあるので自己診断で処置しないこと
感冒薬総合感冒薬微熱、鼻かぜ、くしゃみ、のどの痛みなどに用いる。せきどめトローチ、うがい薬なども用いる
鎮静薬フェノバルビタール、ブロムワレリル尿素、クロルプロマジン、ジアゼパムなどいらいらや眠れないとき。なるべく少量を服用する
胃薬重曹、ロートエキス、消化酵素薬など食べすぎ、飲みすぎで胃をこわしたとき
腹痛薬ブチルスコポラミンなど上腹部の強い痛みに
下痢どめタンニン酸アルブミン、塩化ベルベリン、ラクトミンまたはビフィズス菌薬程度の軽い急性の下痢に使用
通じ薬
(下剤)
緩下剤、フェノバリン、酸化マグネシウム、バルコーゼなど一時的な便秘や習慣性の強い便秘に。がんこな便秘は医師の診断による治療薬を
浣腸薬グリセリン浣腸薬
目薬市販の点眼薬寝不足や疲れによる目の充血、煙やごみなどの刺激による軽い結膜炎に
含嗽薬イソジンガーグルなど、市販のうがい薬のどの痛み、かぜのひきはじめなど、十分に薄めて使うこと
消毒薬過酸化水素(オキシドール3%液)
消毒用エタノール、逆性せっけん
傷口の消毒
手指などの消毒
外用薬抗菌薬、抗ヒスタミン薬や副腎皮質ステロイドの入った軟膏またはクリームすり傷、切り傷など
じんましんなどのかゆみに
その他包帯、絆創膏、脱脂綿、ガーゼ、綿棒、体温計、ネル、油紙などはさみ、ピンセットなどの小物も用意しておく。きちんと袋に入れてよごさないように


■服用のときの注意
 家庭常備薬は、あくまでも急場のときの応急措置なので、服用して1~2日たっても症状がよくならない場合は、医師に診てもらうことが必要です。また、服用する前に必ず効能書きをよく読んで、薬の用法・用量、効能・効果、服用時刻など使用上の注意を知ってから使用してください。注意書きを読まずにのむことは、たいへん危険なことです。
 年齢、性別、体重、体質によって用量や薬の選びかたが違ってきますし、薬をのむべき時刻(食前、食後、食間)に正しくのまないと、病状によって、同じ薬をのんでも効くときとあまり効かないときがあります。特に乳幼児、高齢者に与える場合には量を少なくするよう注意をしてください。

■新薬と患者の人権
 近年、がんに対する遺伝子を標的とする薬(分子標的薬)、肝炎治療薬、抗ウイルス薬、抗リウマチ薬、催眠薬などが次々と開発されています。それらの新薬は、実際に人が使っても安全で有効性があるかどうかを確認する臨床試験が医薬品の臨床試験の実施に関する基準(GCP:Good Clinical Practice)にもとづいて実施され、その結果において安全性と有効性が証明された薬です。医師が処方するこれらの新薬は、その効果について製薬会社には過大広告などがないよう規制されているので、一般によい効果があるものです。しかし、対象病態や有効率が限られ、誰にとってもよい薬とはいえないのです。医師も使用経験が少なく、その効果や副作用についてよくわかっていない面もあります。
 どんな薬でも、最初は試験的・実験的に使われますので、それまでの医師の経験と知識、そして考えかたを十分に被験者に伝え、その了解と同意のもとに、細心の注意をはらいながらためしてみて、その効果の程度や重大な副作用の有無を確認したり、経験を加えたりしていく必要があります。それを治験といいます。
 そこで新薬を開発するときや使い始めるときには、被験者の人権が守られる必要があり、すべての情報を知ったうえで、被験者の意思で、できるだけ安全な方法で治験に参加する契約をし、途中でも中止を申し出ることができ、どんな場合にも被験者が不利にならないよう決められています。
 ニュルンベルク綱領に始まる被験者の権利を認める決まりは、このことに端を発して、現在の医療倫理の基本であるインフォームド・コンセントとして定着し、医療倫理における患者の人権を守る方向が法律(医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令〈省令GCP〉)でも決まっています。

■薬の保管
 薬は保存のしかたによって、かなり長もちしますが、変色、崩壊や沈殿がみられたら、有効期間内でも捨てるようにしてください。薬の保管場所は、湿気の多い台所、直射日光の当たる場所、暖房器具の近くなどは避けてください。最近の薬は特に注意書きがなければ、一般に3年程度は使えます。
 また、保管するときに内服薬と外用薬とを区別しておくと、誤飲や、外用薬からの湿気で内服薬を変質させることも防げます。乳幼児のいる家庭では、子どもの手のとどかないところにしまってください。

■医薬品副作用被害救済制度について
 薬や医療機器などを正しく使っていても、その副作用や障害、合併症などを生じることがあります。こうした正しい使いかたがなされているのに、その医薬品・医療機器などによって生じた副作用や障害、合併症などは、医薬品・医療機器等安全性常用報告制度にもとづいて、医師が独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に報告することになっています。同機構ではそれらの情報を収集後に分析し、安全対策に生かしています。
 もし、薬を正しく使っていたのに、入院治療が必要になるほどの健康被害が起こったときには、医薬品副作用被害救済制度があり、医療費や年金などの給付がおこなわれます。救済制度の詳細については、同機構に相談窓口が設けられていますので、問い合わせるとよいでしょう(救済制度相談窓口…電話:0120-149-931、Eメール:kyufu@pmda.go,jp)。