足の悩み、一挙解決

第17回 失敗しない靴選びのコツ
〜合っているかをどうやって見分ける?〜 足のクリニック表参道院長 桑原靖

 「試し履きして買ったのに、歩いてみたら、靴擦れが痛くて困った」という経験はありませんか。

 痛いからといって、その場で靴を脱ぐわけにもいかず、とてもつらいものだと思います。

 ◇バーチャル試着、靴は無理

 足に合った靴を探すのに苦労している人は非常に多いようです。

 最近では、洋服をバーチャルで試着できるシステムもあり、IT企業からは、これを靴でも実現できないかと相談を受けることもあります。しかしながら、現在の技術では難しいであろうとご説明するほかありません。

いろいろな靴。右から2人目は英国のメイ首相(AFP時事)

 これまでの連載で見てきたように、足には全身の4分の1の数の骨があって、個々が複雑な動きをしています。

 その動き方も、足の形、柔軟性など、さまざまな要素によって異なり、歩いたときに足のアーチがどこまで落ちるかの変化率も違うため、立っているときは良かったのに、歩くと痛いという現象が起こります。

 靴の中で足は3次元的に動きながら、空間を移動するので、これに対して足にぴったりと合う靴を見つけるのは、とても難しいのです。

 ◇まずは「かかとが合うかどうか」

 足にトラブルがある人の靴選びで、最も大切なのは、かかとが合っているかどうかです。

 つま先の形を気にする人が多いのですが、かかとが合っていないと、靴の中で足が固定されず、前後左右に揺れてしまいます。

 また、ヒールカウンターという芯がかかとの部分に入っていると、アーチの崩れを後ろから靴が防止してくれます。かかとが倒れなければ、アーチは崩れません。

 合わない靴を履いて、かかとに靴擦れができるのは、脱げそうになって上下方向に擦れるというよりは、足と靴がフィットしていないために、一歩一歩、踏み込むたびにアーチが崩れて足が過回内し、このときにかかとが倒れて靴と擦れる場合が多いのです。

 かかる力は直線方向ではなく、ねじれの力が加わりながら、かかとが靴に押し付けられるため、悪い条件がそろうと、簡単に皮膚がむけてしまいます(図1参照)。

図1