治療・予防

口周りの筋肉の機能を改善―歯ヨガ
虫歯や歯周病を予防、免疫力アップ(小島歯科医院 小島理恵副院長)

 「歯ヨガ」は、かむ、飲み込む、話すなどに使う口周りの筋肉(口腔=こうくう=筋)をバランス良く動かせるよう、マッサージと体操を組み合わせたもので、口腔機能の改善を目指す。「歯ヨガ」を考案した小島歯科医院(大阪府貝塚市)の小島理恵副院長は「口腔筋機能が低下する高齢者だけでなく、子どもやストレスからの歯ぎしりが気になる方にも勧めています」と話す。

口腔のマッサージと体操から成る歯ヨガ。体操には四つのステップが

 ▽口腔マッサージと体操

 口腔筋機能が低下すると、歯並びや滑舌(かつぜつ)が悪くなる、顎(がく)関節症や歯ぎしり、さらに頭痛や肩凝り、誤嚥(ごえん)性肺炎など全身の健康に影響が及ぶこともある。口腔筋機能が衰え、かみにくくなる、むせが多くなるという状態をオーラルフレイルと呼ぶ。食事がしづらくなるため栄養状態が悪化し、全身の筋力が衰え、全身の機能も低下する。

 「低下した口腔筋機能を改善させオーラルフレイルを防ぐことが、健康寿命の延伸につながると考えました」と小島副院長は歯ヨガ考案の経緯を説明する。

 歯ヨガは口腔のマッサージと体操から成る。マッサージは、かむ時に使う咬(こう)筋という筋肉の凝りをほぐし、唾液腺を刺激するなど数パターン。体操のステップは四つ。〔1〕鼻呼吸で息を吸いながら頬をすぼめ、吐きながら膨らませる動作を10回〔2〕口を閉じて舌を唇と歯の間に入れ、左右5~20回ずつゆっくり回す〔3〕口を横に大きく広げながら「りー」、次に舌が歯に付かないように前に突き出して「えー」の発声を10回〔4〕舌を上顎にぴったり吸い付けて離し音を鳴らすポッピングを10回と、吸い付けキープを100秒。

 口腔筋機能が改善すると、唾液が増え鼻呼吸になる。すると免疫力が向上し、全身の健康にもつながるという。

 ▽子どもにも有効

 「食事や姿勢など生活習慣の影響で、口腔筋機能が低下している子どもが増えています」と小島副院長は危惧する。治療した子ども(5~11歳)の約9割は、安静時に舌が下顎にある低位舌という。健康につながる鼻呼吸ではなく、口呼吸の子どもが目立った。そこで、毎日の歯ヨガトレーニングを勧めたところ、舌が上顎に付き、鼻呼吸ができるようになり、気道が広がったことがレントゲン写真で確認できた。鼻炎やぜんそくが出にくくなった子どももいたという。

 「口腔筋機能の低下は、虫歯や歯周病、歯並びの悪化、歯ぎしり、さらには全身の健康にも影響します。免疫力アップのためにも、高齢者に限らず、どの年代の方も、ぜひ歯ヨガに取り組んでみてください」と小島副院長は強調する。(メディカルトリビューン=時事)(記事の内容、医師の所属、肩書などは取材当時のものです)

【関連記事】

全身の衰え招く「オーラルフレイル」 予防して健康寿命伸ばす

急な受診でも慌てない 「通院セット」を作っておこう(外科医・山本健人)

「歯があるから」安心?要介護のリスクにも―口腔機能低下症

天皇陛下の執刀医―天野篤氏(第1回)手先器用なプラモ好き =実家は燃料店、教育熱心な母

結婚後の受診でいきなり「人工肛門になるかも」と言われ





新着トピックス