特集

血糖コントロール(上)=やり過ぎは危険

 日本は世界に誇る長寿国だが、平均寿命と健康寿命は異なる。その健康寿命を延ばすために生活習慣病予防に対する意識が高まっている。数年前から、メタボリックシンドローム対策としてのダイエットや糖尿病予防のための血糖コントロールの方法として、エネルギー(カロリー)の摂取量を制限する「糖質制限」がブームだ。しかし、安易な糖質制限はかえって健康を損なう。肥満や糖尿病治療のエキスパートは糖質制限について警鐘を鳴らす。

 ◇糖尿病と血糖値

 生活習慣病の代表格である糖尿病。インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに、血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が高くなる病気だ。国内の糖尿病患者と糖尿病予備軍を合わせると、約2000万人に上る。つまり、5人に1人が生活の改善をしないと、糖尿病が深刻化するか将来的に糖尿病になると推測されている。

 糖尿病患者が増えた背景として、戦後、食生活が豊かになり、カロリーや脂質の摂取が増えたこと、車社会となり歩く機会が減ったことがある。人との交流で生じる人的ストレスやコンピューターによるテクノストレスの増大などが関与している。糖尿病とストレスは密接な関係にある。近年の研究で、仕事や人間関係のストレスが加わると交感神経が活発になり、血糖値を上昇させるホルモンが分泌されることが明らかになってきた。

 さらに偏食や運動不足で肥満になると、インスリンがフル稼働し血糖を処理する能力が低下、軽い糖尿病状態になることがある。放置し続けることにより、糖尿病を発症する人も少なくない。

新着ピックアップ