治療・予防

長引くせきと熱に注意 =マイコプラズマ感染症

 鼻や口からマイコプラズマという菌が入り、呼吸器の症状を引き起こす「マイコプラズマ感染症」。4年に1度ほどの頻度で流行し、以前は「オリンピック病」とも呼ばれていた。なごみクリニック(横浜市)の武井智昭院長は「肺炎だけでなく、心筋炎や髄膜炎、腎炎などにも重症化するケースがあるので、軽く見ないでください」と警鐘を鳴らす。

 ◇長期化するせきと熱

 マイコプラズマ感染症は小児や若い人に多く発症する。風邪やインフルエンザのように急性の症状ではなく、せきが徐々に表れ、37~38度ほどの熱が4~5日続き、ゆっくりと悪化する。潜伏期間は14~21日といわれ、初期の頃は風邪と見分けがつかない。

 「6歳以上の小児肺炎の原因菌では一番多く、40~50%がマイコプラズマによるものです」と、武井院長は説明する。

 感染して直接症状を起こす肺炎球菌やインフルエンザ菌とは違い、マイコプラズマは感染部位の免疫反応を過剰にさせ、結果的に肺炎などの症状を引き起こす。

 「免疫力が弱い2歳以下では、肺炎球菌やインフルエンザ菌が原因となる肺炎が大半ですが、年齢とともに免疫がしっかりしてくると、マイコプラズマによる症状が出やすくなります」

 マイコプラズマは20~30代の成人が感染することもあるが、家族内で感染すると、肺炎を起こすなど、子どもよりも重い症状が出やすいという。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ