CIRCLE INTRODUCTION サークル紹介

東海大学 Challenge for the Borderless World

東海大学 Challenge for the Borderless World

部員数
32名(医学科 28名、看護学科 3名、社会福祉学科 1名)
設立
2017年
部長
藤田 耕己(医学部6年)
主な活動
月2回のミーティング
 徳島NGO TICO視察(5月)、イドバタ会議(6/17)、スマナバルア氏講演会(7/13)、栃木アジア学院視察(9月)、成瀬小学校 ふれあい祭り出店(10月)、建学祭(11月)、第二回イドバタ会議

CIRCLE DETAILS サークル部長・部員からのコメント

サークルの特徴
【達成目標】
国境、マイノリティ(障がい/LGBT)、世代、農業、教育、医療といったあらゆる枠組みを越えたsocial capital(人のつながり)の創生
【学びのテーマ】
地域と信頼関係を築くための方法、グローバルな問題を市民に分かりやすく伝え、議論を深める方法を実践を通して学ぶ。
活動への想い
すでに伊勢原の方々と対話をする機会を得ることができましたが、さまざまなサークル活動や農協の内部などすでに充実したsocial capital(人とのつながり)が存在することを感じます。しかし、そこに大学生や親子連れなど今まで交流することがなかった人たちとが自然と集まって対話や活動を通じてつながることを第一目標としています。
今後の目標
つながりの形成を通して
地域の健康度が上がる
学び合いの場となる
循環型社会について考えること
メッセージ
今年度から始まるプロジェクトです!!みなさんは今住んでいる家の隣の人を知っていますか?国内外の地域に出ると、大学生活をしているだけでは得られない貴重な学びや発見がたくさんあります。私たちのメンバーには、途上国先進国問わず、世界に飛び出したい学生がたくさん集まっています。外から日本を見たとき、決して他人事とは思えない、私の生活とも直結しているたくさんのことが見えてきました。世界に飛び出し、日本の地域で地球で起きていることについてともに考えてみませんか?!