女性アスリート健康支援委員会 「食」の要注意サイン、ありませんか

思春期の摂食障害、背景に「伸び悩み」のケースも
スポーツ女子の「落とし穴」と「気づき」のサインは

 ◇「月経が止まる」「歯が溶ける」といった変調も

 スポーツ女子の家族は、一緒に食卓を囲んでいれば、極端にやせる前に、「最近、朝食を食べない」「自分が食べないで家族に食べさせようとする」といったサインに気づくこともあるでしょう。

 ただ、さまざまな事情から、一人で食事を取る「個食」の中高生も多く、なかなか気づかないこともあります。特に過食症は、拒食症以上に患者が多いのに、見た目の体形がほとんど変わらないので、家族や友人を含む周囲の人に気づかれにくいといえます。

 西園マーハ先生によると、過食のコントロールが効かなくなっても、病気と思っていない人が少なくないそうです。「自分の意志が弱いのが悪い」「恥ずかしい」と思っているので、周囲には、過食や嘔吐(おうと)などの症状を隠し、「食べてはこっそり吐く」といった行動を繰り返すようになります。

 高校時代から親元を離れて寮生活を送ったり、大学に入って1人暮らしになったりすると、拒食症も過食症も、一層気づかれにくくなります。

  拒食症の場合は「月経が止まる」「腸の動きが非常に悪くなる」、過食症の場合は「嘔吐で唾液腺が腫れる」「胃酸で歯が溶ける」といった体の変調の自覚が、医師の診察につながることがあるので、そうした機会に、摂食障害の問題についても拾い上げ、受診につなげる必要があります。

 ◇体のけがと同様、心の病気も直すのが先決

 「『レギュラーを外されるかもしれない』などと考える人がよくいて、受診が遅れがち」と心配する西園マーハ先生
 過食症に周囲が比較的気づきやすいサインは、「部屋に菓子袋がいつもちらかっている」「吐いた跡がある」といったケースです。それに加えて、「過食代」が問題の所在を浮き彫りにすることもあります。過食が毎日続くと、1カ月に何万円もの出費になります。

 これまで紹介したような発症のきっかけと、病気の特徴やサインに、中高生本人や家族が注意することが、摂食障害の予防や早期治療につながります。部活の指導者や学校の養護教諭らが、子どもたちに目配りすることも、やはり大切です。

 「摂食障害かもしれないので、医師の診察を受けた方がよいかも」と感じるようになっても、スポーツをがんばっていると、受診にためらいがあるかもしれません。「『レギュラーを外されるかもしれない』などと考える人がよくいて、受診が遅れがちです。そんな空気を変え、受診しやすいようにしなくてはいけません」と西園マーハ先生。

 体のけがと同様に、心の病気もまず治し、それからまたスポーツをがんばるのが一番でしょう。(水口郁雄)

  • 1
  • 2

女性アスリート健康支援委員会 「食」の要注意サイン、ありませんか

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会