宇都宮一典 医師 (うつのみやかずのり)

東京慈恵会医科大学附属病院

東京都港区西新橋3-19-18

  • 新橋健診センター
  • 医長(客員診療医長)
  • 谷保医院 顧問

内分泌科・糖尿病 内科 内分泌内科

専門

糖尿病、糖尿病性腎症、脂質異常症

宇都宮一典

宇都宮一典医師は、糖尿病全般の診療にあたり、特に糖尿病性腎症を中心とする合併症の診断と治療を専門としている。診療部長を務める東京慈恵会医科大学附属病院 糖尿病・代謝・内分泌内科の糖尿病診療は本邦で屈指の伝統と実績をもつ。糖尿病に関しての診断から治療、合併症の管理に至るまで、あらゆる領域に専門医を擁し、豊富な治療経験を有している。一般の糖尿病の診療のほか、腎症を合併した糖尿病患者には食事療法を中心とする専門外来を設けている。透析の適応となるケースでは、腎臓内科と並診し、早期導入を図っている。現在は新橋健診センターに勤務。

医師プロフィール

1979年 東京慈恵会医科大学卒業
1985年 同第3内科大学院修了
1996年 同講師
2001年 米国コロラド大学留学
2002年 糖尿病・代謝・内分泌内科准教授
2010年 同主任教授 主な研究テーマ:糖尿病合併症の治療
2019年4月 東京慈恵会医科大学附属病院新橋健診センター医長(客員診療医長)

所属学会

【所属学会】日本糖尿病学会、日本糖尿病眼学会、日本病態栄養学会、日本動脈硬化学会,日本臨床栄養学会、日本糖尿病合併症学会、日本糖尿病性腎症研究会、アメリカ糖尿病学会

【認定医】日本糖尿病学会認定医、指導医、日本病態栄養学会認定医

主な著書

『糖尿病性腎症の病態に基づいた栄養管理・指導のコツ』(2012年 診断と治療社)
『糖尿病性腎症の安心レシピ103』(2006年 弘文堂)
他、多数。
(更新日:2022年1月27日)

同じ疾病を専門とする医師一覧