清野裕 医師 (せいのゆたか)

関西電力病院

大阪府大阪市福島区福島2-1-7

  • 糖尿病・代謝内分泌センター
  • 総長

内分泌科・糖尿病 内科 内分泌内科

専門

糖尿病、代謝・栄養障害、内分泌疾患

清野裕

清野裕医師は、アジア人として初めて米国糖尿病学会賞、米国内分泌学会賞、ノバルティス糖尿病賞(スイス)を受賞するなど、国内だけでなく世界に認められた糖尿病研究のスペシャリスト。また、国内ではベルツ賞1等賞、日本医師会医学賞なども受賞。特にインスリン分泌を促進する消化管ホルモンである「インクレチン」の研究では世界を牽引するリーダー的存在と言える。インクレチンは30年前にはあまり注目されていなかったが、清野医師の研究により2型糖尿病の治療薬に応用できるまでになり、糖尿病患者の生活改善に多大なる貢献をしている。また糖尿病に関する正しい知識の普及啓発にも力を注いでいる。

医師プロフィール

1967年 京都大学医学部 卒業
1977年 ワシントン大学(米国・シアトル)代謝・内分泌科(Prof. Daniel Porte Jr.)客員研究員
1996年 京都大学大学院医学研究科 糖尿病・栄養内科学 教授
2001年 京都大学医学部附属病院 副病院長
2004年 関西電力病院 病院長
2004年 京都大学医学部名誉教授
2016年 関西電力病院 総長
(更新日:2018年7月20日)

「糖尿病」を専門とする医師