加来浩平 医師 (かくこうへい)

川崎医科大学総合医療センター

岡山県岡山市北区中山下2-6-1

  • 総合内科
  • 特任部長 特任教授

内分泌科・糖尿病 内科 総合診療科

専門

糖尿病

加来浩平

2型糖尿病を中心とした生活習慣病の専門医として、安全かつ有効性の高い最先端の薬物療法を実践。個々の患者をとりまく様々な状況を把握し、最適な治療法を患者と共に見出していく。動脈硬化の進行状況をみる脈波伝播速度(PWV)、頚動脈内膜中膜複合体厚(IMT)、内臓脂肪を計測する内臓脂肪測定などの特殊検査を行い、糖尿病で懸念される合併症の予防・早期発見に努める。同時に、糖尿病発症関連遺伝子の検索、脂質異常症の病因検索など、高度医療にも積極的に取り組んでいる。

診療内容

糖尿病を中心に、脂質異常症、高血圧症、肥満症、高尿酸血症などの生活習慣病の診断、薬物治療、教育、食事指導、運動指導を行う。「患者が主役の治療」を大切にしており、患者本人に糖尿病についての知識を積極的に与え、病気の進行を食い止め合併症を予防する。
糖尿病は1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病、その他特定の原因による糖尿病の4種類がある。加来医師は日本人の糖尿病の95%以上を占める2型糖尿病が専門。これは40歳以上の成人に多く、膵臓の働きが悪くなり、十分な量のインスリンが作られなくなる病気。高血糖になると、尿が多くなる、のどが渇く、水分をたくさんとるなどの症状がみられる。
糖尿病を治療しないと、脳卒中や心筋梗塞などの合併症が起きる。また、腎臓や足の神経、目の血管に障害が出て、失明に至ったり、腎機能が廃絶し人工透析が必要になったりする場合がある。このような合併症を起こさないよう、患者は血糖、血圧、脂質、体重をコントロールする必要がある。
同科では、外来・入院患者を対象に、1週間1コースの頻度で糖尿病教室を開催し、患者本人に糖尿病に関する積極的に知識を伝えている。1~2週間の教育入院では、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師がチームを組んで診療・教育にあたる。

医師プロフィール

1973年3月 山口大学医学部卒
1977年3月 山口大学大学院医学研究科修了
1977年8月 山口大学医学部助手
1982年4月 山口大学医学部講師(第三内科)
1986年7月~1988年6月 米国ワシントン大学内科代謝部門研究員
1990年1月 山口大学助教授(第三内科)
1995年10月 ノボノルディスク社 取締役開発本部長
1998年4月 川崎医科大学教授
2002年4月 川崎医科大学副院長(兼務)
2014年4月 川崎医科大学 特任教授
2016年12月 川崎医科大学付属川崎病院から川崎医科大学総合医療センターへ、施設名変更

「糖尿病」を専門とする医師