岩波正陽 医師 (いわなみまさあき)

新横浜形成クリニック

神奈川県横浜市港北区新横浜2-17-11 アイシスプラザ2F

  • 形成外科・美容外科・皮膚科
  • 院長

形成外科 美容外科 皮膚科

専門

二重まぶた、フェイスリフト、陥没乳頭、ワキガ(腋臭症)、でべそ、入れ墨(刺青)の除去、ホクロ除去、シミ取り、永久脱毛、ニキビ、コラーゲン注射、ケミカルピーリング、フォトフェイシャル、傷跡の修正、円形脱毛症、耳の形成、皮膚腫瘍(病理検査含む)、先天奇形、その他美容外科・形成外科治療一般

岩波正陽

岩波正陽医師は、昭和大学形成外科に始まり、アメリカ、ニュージーランドの複数の病院を経て磨き抜いてきた技量のなかでもとりわけ二重瞼の手術に対する評価は高く、全国の美容外科医が模範とする存在だ。美しいと感じる目標に向かって科学的に考察を繰り返す地道な研鑽を怠らない姿勢は、形成・美容外科分野では最高峰の米国の医学誌への投稿・掲載からも見て取れる。院長を務める同クリニックでは、初診から術前の説明、手術、アフターケア等々をすべての工程を岩波医師自らが行う。

医師プロフィール

1980年 昭和大学医学部卒業
1984年 昭和大学形成外科大学院卒業
1985年 NY マウントサイナイ病院留学
1989年 Miami ジャクソンメモリアル病院留学
1993年 新横浜形成クリニック院長
現在にいたる
(更新日:2014年5月19日)