木村健二郎 医師 (きむらけんじろう)

JCHO東京高輪病院

東京都港区高輪3-10-11

  • 内科(腎臓)
  • 院長

腎臓内科 内科

専門

腎臓病全般、高血圧

木村健二郎

2001年より聖マリアンナ医科大学教授。在任中、関係科が協力して腎臓病センターを設立。センター長を務めた。腎疾患の発症から末期腎不全に至るまで、それぞれの段階で、個々の患者に最適な治療を選択してきた。末期腎不全の患者には、腎代替療法として血液透析、腹膜透析あるいは腎移植のなかから最適な治療方法を選択して提供。透析施設では、血液透析をはじめとするあらゆる血液浄化療法に対応している。腹膜透析を行っている患者のための腹膜透析外来も設置。最近では家庭血液透析にも力を入れてきた。2014年9月より独立行政法人 地域医療機能推進機構東京高輪病院院長に就任。

医師プロフィール

1974年3月 東京大学医学部卒業、東京大学医学部附属病院研修医
1977年4月 独協医科大学循環器内科助手
1978年2月 東京大学医学部第二内科医員(腎・高血圧研究班所属)
1981年8月 デンマーク・コペンハーゲン大学医学部病理学研究所留学
1985年4月 東京大学医学部附属病院第二内科助手
1994年8月 東京大学医学部附属病院第二内科講師
1997年4月 東京大学大学院医学系研究科・腎臓内科学講師
1998年8月 東京大学医学部附属病院治験管理センター副センター長
2001年4月 聖マリアンナ医科大学教授、腎臓・高血圧内科部長
2003年8月 聖マリアンナ医科大学病院腎臓病センター長(併任)
2014年9月 独立行政法人 地域医療機能推進機構東京高輪病院 院長に就任
2018年4月~独立行政法人 地域医療機能推進機構 東日本地区理事
2019年5月~日本病院会 常任理事
(更新日:2019年7月7日)