玉垣圭一 医師 (たまがきけいいち)

京都府立医科大学附属病院

京都府京都市上京区河原町通広小路上ル梶井町465

  • 腎臓内科
  • 診療副部長、講師

腎臓内科 内科

専門

腎臓病、透析、高血圧

玉垣圭一

腎炎・ネフローゼ症候群、慢性腎臓病(CKD)など腎臓病のスペシャリストであるが、その原因となり得る高血圧症や心血管疾患にも詳しい。「どんな腎臓病に対しても質の高い診療をおこなう」がモットー。その言葉通りCKD診療ではチーム医療を実践し、栄養士・看護師・薬剤師らと協力して最適な治療を実現。また透析療法にも精通し、患者の日常生活への負担が少ない腹膜透析に力を入れている。腹膜透析外来では、透析の導入判断から導入後の全身管理までサポートしている。
セカンドオピニオン外来の受診を希望する場合は、タケダ腎クリニック(TEL:075-751-5007)で第2・4金曜の午前11時から実施。完全予約制で紹介状が必要。

診療を受けるには

他院で診療を受けている場合は、その医療機関から地域医療連携室を通して予約受診をする。
(http://www.h.kpu-m.ac.jp/doc/for-medical-institutions/patient-referral.html)
健康診断で異常を指摘された場合などは、予約なしで初診受付時間の8:45~11:00までに受付に行けばよい。ただし紹介状なしで受診すると、初診料とは別に選定療養費の負担がある。
(http://www.h.kpu-m.ac.jp/doc/for-patients-and-visitors/first-time-visitors.html)
待ち時間に関しては予約受診では30分以内、予約なしでは1~2時間程度。医師の指名は可能である。

セカンドオピニオンは、タケダ腎クリニックで第2・4金曜日の午前11時から実施している。完全予約制。要紹介状。(http://www.kyotoantiaging.jp/examination/second.html)

他の勤務先

■ タケダ腎クリニック
京都府京都市東山区大橋町94 三条鈴木ビル4F
TEL: 075-751-5007

医師プロフィール

1997年 京都府立医科大学 卒業
1997年 京都府立医科大学附属病院第二内科
1999年 社会保険神戸中央病院内科
2001年 神戸大学医学部附属病院腎臓内科
2002年 京都府立医科大学附属病院腎臓・高血圧内科
2005年 近江八幡市民病院 透析センター長
2006年 聖路加国際病院腎臓内科
2009年 京都府立医科大学腎臓内科
2010年 京都府立医科大学腎臓内科 助教(診療科長)
2015年 京都府立医科大学腎臓内科 講師(診療副部長)

所属学会

日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本腎臓学会専門医・指導医、日本透析医学会専門医・指導医、日本高血圧学会専門医・指導医、米国腎臓学会上級会員(FASN)、日本循環器学会専門医、博士(医学)
(更新日:2018年7月30日)