山縣邦弘 医師 (やまがたくにひろ)

筑波大学附属病院

茨城県つくば市天久保2-1-1

  • 腎臓内科
  • 教授

腎臓内科 内科

専門

内科学・腎臓内科学

山縣邦弘

山縣邦弘医師は、慢性腎臓病(CKD)における、日本を代表する腎臓内科医。厚生労働科学研究費補助金腎疾患対策研究事業FROM-Jの研究代表者も務める。同院では、原発性糸球体腎炎、糖尿病・高血圧・膠原病等による二次性腎疾患、多発性嚢胞腎を含めた遺伝性腎疾患、間質性腎炎など全ての内科的腎疾患はもちろん、急性・慢性腎不全および維持透析患者における合併症などを総合的に診断、治療を行っている。腎疾患以外の肝疾患、自己免疫疾患や神経筋疾患などの疾患に対しては血液浄化療法を行っている。

診療内容

山縣医師は日本を代表する腎臓内科医で、特に慢性腎臓病(CKD)のスペシャリストとして広く知られている。慢性腎臓病とは、腎臓の機能が長年の間に少しずつ低下していく病気の総称で、わが国では1,330万人が慢性腎臓病と推定される。その原因は色々考えられるが「高血圧や糖尿病などの生活習慣病が原因で発症する方が増えています」と言う。最近になり、慢性腎臓病自体が心血管疾患のリスクとなることが判明し「非常にメタボリックシンドロームと関係の深い疾患であり、働き盛りの生活習慣病を放置する結果、壮年期に慢性腎不全まで進行する患者さんが増加している」と山縣医師は懸念する。
慢性腎臓病は、糸球体濾過量(GFR)によって、ステージ1からステージ5に分類される。1~3期は自覚症状がほとんどないが、検査で発見することは可能だという。ステージ5になると、透析が必要になるケースが増えるそうである。
治療法としては薬物療法と食事などの生活習慣の改善が考えられるが、前者は高血圧と糖尿病の薬が中心になる。後者の場合は食事の改善が一番大切で、塩分、たんぱく質、カリウムを制限したり、適正エネルギーを摂取するように指導しているそうだ。「制限の度合いなどは病状の進行度によって異なるので、必ず医師の指示を受けてから行ってください」と言う。
慢性腎臓病は早期に発見して治療・コントロールすることで、予防や進行を防ぐことができる病気。そのために血清クレアチニン検査(血液検査)とたんぱく尿検査(尿検査)を定期的に受けることをお勧めすると山縣医師は言う。

医師プロフィール

1984年3月 筑波大学医学専門学群 卒業
1984年6月 筑波大学附属病院内科医員
1990年4月 株式会社日立製作所日立総合病院 腎臓内科
1999年4月 筑波大学講師 臨床医学系
2001年8月 Research Associate 米国オレゴン大学
2001年10月 筑波大学助教授 臨床医学系
2004年4月 筑波大学大学院 人間総合科学研究科助教授
2006年7月 筑波大学大学院(腎臓内科学)教授