齋藤昭彦 医師 (さいとうあきひこ)

新潟大学医歯学総合病院

新潟県新潟市中央区旭町通一番町754

  • 小児科
  • 教授

小児科 感染症科 内科

専門

小児感染症、小児HIV感染症、小児薬理遺伝学、感染管理

齋藤昭彦

国内での小児科研修後に渡米。米国で小児科・小児感染症の臨床研修に従事し、臨床医・研究者として多くの成果をあげる。帰国後、国立成育医療研究センターの感染症科を立ち上げ、日本人初の米国小児科学会認定の小児感染症専門医として、日本における小児感染症専門医の重要性を伝えてきた。一方で、日本小児科学会の活動を通じて、国内での予防接種制度の改革活動に精力的に取り組んでいる。

診療内容

小児科の多様な疾患と幅広い年齢層に対応して診療する当科では、その中でもとくに先進医療・先端医療で治療成果をあげている。その具体例として1)先天性心疾患に対するカテーテル治療、難治性の不整脈治療。2)先天性尿路異常や小児腎不全の診断と治療。3)小児の造血細胞移植、小児がんに対する集学的治療。4)小児の内分泌、代謝性疾患の診断と治療、生活習慣病の指導などがあげられる。更に、当院、並びに関連医療施設における重症、難治性感染症の診断と治療に関する感染症コンサルテーションや抗微生物薬の適正使用にも積極的に取り組んでいる。

医師プロフィール

1991年3月 新潟大学医学部 卒業
1991年4月 聖路加国際病院小児科レジデント
1994年4月 聖路加国際病院小児科チーフレジデント
1995年7月 ハーバー UCLA メディカルセンターアレルギー臨床免疫部門リサーチフェロー
1997年6月 南カルフォルニア大学小児科レジデント
2000年5月 カリフォルニア大学サンディエゴ校小児感染症科クリニカルフェロー
2003年3月 カリフォルニア大学サンディエゴ校小児感染症科講師
2004年9月 カリフォルニア大学サンディエゴ校小児感染症科助教授(現在も併任)
2008年7月 国立成育医療センター 感染症科 医長
2009年4月 東邦大学医学部医学科 客員教授(併任)
2011年8月 新潟大学医学部小児科 教授