齋藤昭彦 医師 (さいとうあきひこ)

新潟大学医歯学総合病院

新潟県新潟市中央区旭町通一番町754

  • 小児科
  • 教授
  • 東邦大学医学部 客員教授

小児科 感染症科 内科

専門

小児感染症、小児HIV感染症、小児薬理遺伝学、感染管理

齋藤昭彦

国内での小児科研修後に渡米。米国で小児科・小児感染症の臨床研修に従事し、臨床医・研究者として多くの成果をあげる。帰国後、国立成育医療研究センターの感染症科を立ち上げ、日本人初の米国小児科学会認定の小児感染症専門医として、日本における小児感染症専門医の重要性を伝えてきた。一方で、日本小児科学会の活動を通じて、国内での予防接種制度の改革活動に精力的に取り組んでいる。

診療を受けるには

齋藤医師は、月曜の新来外来で診療。原則として他の病院や診療所から紹介状が必要。再来は予約制。指名可。

医師プロフィール

1991年3月 新潟大学医学部 卒業
1991年4月 聖路加国際病院小児科レジデント
1994年4月 聖路加国際病院小児科チーフレジデント
1995年7月 ハーバー UCLA メディカルセンターアレルギー臨床免疫部門リサーチフェロー
1997年6月 南カルフォルニア大学小児科レジデント
2000年5月 カリフォルニア大学サンディエゴ校小児感染症科クリニカルフェロー
2003年3月 カリフォルニア大学サンディエゴ校小児感染症科講師
2004年9月 カリフォルニア大学サンディエゴ校小児感染症科助教授(現在も併任)
2008年7月 国立成育医療センター 感染症科 医長
2009年4月 東邦大学医学部医学科 客員教授(併任)
2011年8月 新潟大学医学部小児科 教授(現職)
2019年 UCSD Associate Professor
2020年 新潟大学医学部 副医学部長

所属学会

日本小児科学会(理事)、日本小児感染症学会(理事)、日本感染症学会(評議員)、日本小児保健協会(評議員)、日本感染症教育研究会(IDATEN)(元代表世話人)、米国感染症学会 (IDSA) Fellow、米国HIV学会(HIV MA)会員 など

日本小児科学会専門医、日本感染症学会専門医・指導医、日本小児感染症学会暫定指導医、米国ECFMG Certificate、米国カルフォルニア州医師免許、米国小児科学会認定小児科専門医、米国小児科学会認定小児感染症専門医(日本人初)

医師発信欄

(更新日:2021年8月24日)

同じ疾病を専門とする医師一覧