本田雅敬 医師 (ほんだまさたか)

東京都立小児総合医療センター

東京都府中市武蔵台2-8-29

  • 腎臓内科
  • 臨床研究アドバイザー

小児科 腎臓内科 内科

専門

小児腎臓病、小児透析、膠原病

本田雅敬

本田雅敬医師はネフローゼ症候群、IgA腎症をはじめとした慢性糸球体腎炎から末期腎不全まで、すべての小児腎疾患の治療にあたる。信条は、どんな腎臓病であってもできるだけ生活(運動、食事)制限をせず、将来進学、就職、結婚へと進めるように、乳児期、幼児期、学童期それぞれに配慮できるよう診療を行うことだという。本田医師は、1981年に当時海外でも難しいと考えられていた乳児の在宅腹膜透析治療を日本で最初に行ったのをはじめ、小児腎不全患者の経験数は最も多い。その後も乳幼児の腎不全をはじめ重い腎臓病を数多く経験し、身体的なハンディだけでなく、心理的な発達のハンディを負わないようにして、将来健常人に近い成人に成れるように考えて診療してきた。この間、腎不全に成る重症のステロイド抵抗性の治療法の確立、溶血性尿毒症症候群の治療方針の確立などを実施。1986年には小児PD研究会(現小児PD・HD研究会)を立ち上げ、腹膜透析の全国の治療の標準化を目指してきた。1987年からは新たな治療法の効果の経験をもとに、ネフローゼ症候群の治療についての全国の臨床研究を中心となって行い1999年からは小児難治性腎疾患治療研究会代表世話人となって、わが国から世界へエビデンスを発信してきた。
日本小児腎臓病学会の元理事長として、特に小児慢性腎臓病対策を中心に学校検尿や3歳児検尿のあり方などで公的な科学研究班などに属すとともに様々な臨床研究の支援を行っている。

医師プロフィール

1976年3月 慶応義塾大学医学部 卒業
1976年4月 慶應義塾大学小児科
1980年7月 東京都立清瀬小児病院腎内科
1998年7月 東京都立清瀬小児病院腎内科部長
2003年6月 都立八王子小児病院副院長
2007年4月 東京都立清瀬小児病院副院長
2011年3月 東京都立小児総合医療センター副院長
2014年4月 東京都立小児総合医療センター院長
2018年4月 東京都立小児総合医療センター臨床研究アドバイザー
2019年4月 首都大学東京名誉教授兼務(臨床研究)
(更新日:2019年11月13日)